【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

中国国営テレビがイチオシの「若手俳優ビッグ4」を公開、人気のウー・レイやリウ・ハオランら―中国

配信日時:2019年1月7日(月) 21時50分
イチオシの「若手俳優ビッグ4」、中国国営テレビが公開
画像ID  1057281
6日、中国の国営テレビ・中央電視台(CCTV)が、今年活躍が期待される新世代の若手俳優4人の名前を公表。すでに知名度の高いウー・レイ、リウ・ハオランらが選ばれている。写真はウー・レイ。
2019年1月6日、中国の国営テレビ・中央電視台(CCTV)が、今年活躍が期待される新世代の若手俳優4人の名前を公表。すでに知名度の高いウー・レイ(呉磊)、リウ・ハオラン(劉昊然)らが選ばれている。

その他の写真

CCTVの映画情報番組「中国電影報道」ではこのほど、若手俳優の中でも特に演技力に優れた4人を、今年の期待の星として紹介。ウー・レイとリウ・ハオラン、フー・シェンシュー(胡先煦)、ポン・ユーチャン(彭[日/立]暢)が選ばれている。

子役出身のウー・レイは1999年生まれの19歳。3歳でモデルデビューしてキャリアをスタートさせ、天才子役として「神雕侠侶」はじめ数々の作品に出演してきた。

リウ・ハオランは97年生まれの21歳で、2014年のデビュー作となった映画「北京愛情故事」で注目された。その後、ドラマ「瑯[王邪]榜(ろうやぼう)<弐> ~風雲来る長林軍~」や日中合作映画「空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎」など、話題作への出演が続いている。

2000年生まれで18歳のフー・シェンシューも子役出身。「瑯[王邪]榜<弐>」をはじめ、昨年ヒットした時代劇ドラマ「如懿伝」でも注目された。

ポン・ユーチャンは1994年生まれの24歳。15年に低予算ながら異例のヒット作となったドラマ「太子妃 狂想曲<ラプソディ>」で注目されたのち、昨年は映画「大象席地而坐」によって、台湾のアカデミー賞・金馬奨で最優秀主演男優賞にノミネートされた。これにより、演技派として一気に注目される存在となっている。(翻訳・編集/Mathilda
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事