【募集中】韓国語社内スタッフ

「決して反日映画ではない」韓国映画の日本での思わぬ人気に喜ぶ声

配信日時:2019年3月20日(水) 8時0分
「決して反日映画ではない」韓国映画の日本での思わぬ人気に喜ぶ声
画像ID  1056412
17日、韓国・オーマイニュースは、先月16日に日本で公開された映画「金子文子と朴烈」が「日本で意味ある記録を打ち立てた」と報じた。資料写真。
2019年3月17日、韓国・オーマイニュースは、先月16日に日本で公開された映画「金子文子と朴烈(パク・ヨル)」が「日本で意味ある記録を打ち立てた」と報じた。

記事によると、金子文子を演じた主演女優チェ・ヒソが、今月15日に自身のSNSを通じて「14日に東京~名古屋~京都~大阪と移動し舞台挨拶を終えた。東京のイメージフォーラムでは、平日午前に(チケットが)売り切れ、全40席の名古屋シネマテークでは82人の観客が訪れて半数以上が2時間立ち見をするほどの熱気だった」と明らかにし、「時には映画が世の中を変えられると信じたい。小さな動きが大きな動きとなり、上映館が当初は20カ所だったが40カ所に増えた。終映日も未定で、ミニシアターやアートセンターで人気を博しており、今週観客動員数が1万人を突破した」と日本の反応を伝えたという。

記事は「今の時期の興行に意味がある」とし、女優チェ・ヒソが観客との対話で「(日韓関係が)難しい時期に封切りできて良かった。この映画は決して反日映画ではなく、権力に立ち向かう金子文子と朴烈の共同闘争を描いた映画で、国境を越えたラブストーリーと闘争」と強調したことを伝えている。

これを受け、韓国のネット上では「日本で公開されたこと自体意味のあること」「観覧してくれた日本人のみなさん、ありがとう」「チェ・ヒソすごい。政治家よりずっと愛国者」「うれしいし感動的。こういう映画を常時上映する映画館があったらいいのに。でもそれにはやっぱりお金が問題か…」「こういう姿勢で歩み寄るべき。何が何でも反日だと日本人は拒絶感を感じると思う」「この映画の興行を通じて日本に変わってほしい。日本にも良心的な人は多い。権力層にいないのが問題だけど」など歓迎ムードが漂っている。

ただし、一部からは「反日?。韓国が被害を受けた過去を忘れるなと教育されたことが反日?。過去を消し去る日本に未来はない」「韓国からしたら、上映がミニシアターなど限られていて残念」などのコメントも寄せられている。(翻訳・編集/松村)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ken***** | (2019/03/20 14:13)

    映画はシネマ側からしたら銭も受けにならなければ上映しない。儲かるからやる。ただそれだけです。平日の午前中に映画を見に来られる人達って?やっぱりそういう人達なんですよね。だから定員の倍も来る。でも1日だけならね!まさに銭の稼ぎ時ですね。小回りのきくシネマならでこそ。でもハリウッド映画の様に何ヶ月も連続上映することなど不可能なので1日で元が取れて利益が出さえすれば何でも良いのです。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事