【募集中】韓国語社内スタッフ

韓国観光に危機?外国人観光客数がベトナムにも追い抜かれる

配信日時:2018年12月27日(木) 20時50分
韓国観光に危機?外国人観光客数がベトナムにも追い抜かれる
画像ID  1054564
24日、韓国メディアは、2018年10月末時点での韓国への外国人旅行客数が海外旅行自由化以来、初めてベトナムに追い抜かれたと報じた。写真はベトナム。
2018年12月24日、韓国・毎日経済は、「2018年10月末時点の統計で、韓国を訪れた外国人観光客数が、韓国で海外旅行が自由化された1989年以来初めてベトナムに追い抜かれた」と報じた。

記事によると、韓国では今年2月の平昌冬季五輪を終え、国家規模での観光イベントがなくなり「観光危機論」さえ出始めているという。韓国の観光業界によると、10月末時点の観光競争力の主要指標であるインバウンド(外国人観光客誘致)統計では、1267万人が訪韓し、ベトナムには1412万人が訪れた。2018年末までの年間基準外国人観光客数も、韓国は1500万人、ベトナムは1600万人と、100万人以上の差で韓国が後れを取ると予想されている。

これを受け、木浦大学観光経営学科のシム・ウォンソプ教授は「高高度防衛ミサイル(THAAD)という中国の懸念材料を考慮しても、韓国がベトナムに追い抜かれたことは、『インバウンドショック』と言える屈辱的な出来事。韓国観光の魅力が落ちた原因を見つけなくてはならない。政府の支援など、観光活性化政策全般をリセットしない限り、アジア観光の覇権が容易に譲られてしまう」と話した。

14年には韓国への外国人旅行客が1420万人、日本は1342万人で、韓国に訪れた外国人旅行客が日本よりも約100万人多かった。しかし18年10月末時点でのインバウンド統計によると、訪日外国人客は2611万人で韓国との差は歴然だ。また、同統計で香港は5256万人、シンガポールは1548万人と、他のアジアの国々との格差も次第に大きくなっているという。

これに対し、韓国のネット上では「韓国に来て何をするっていうの」「私が見ても観光として引かれるものがない」「観光政策の問題じゃなくて、観光施設を運営する人たちのマインドが問題」「韓国は高い、汚い、見物も特色もない、そして粗雑」「なぜ韓国人が国内の済州や釜山よりも日本に行くのか、自営業者たちも考えるべきじゃないか?毎回ぼったくりをして、個性も無くて、不親切。日本を分析してみて」など、韓国の観光業界が衰退するのは当然だといった内容のコメントが多く寄せられている。(翻訳・編集/仲野)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事