日本がIWC脱退へ、「戦後初の強攻策」と中国メディア

配信日時:2018年12月23日(日) 16時40分
日本がIWC脱退へ、「戦後初の強攻策」と中国メディア
画像ID  1054198
22日、中国中央テレビのニュースサイトは、クジラの資源管理について話し合う国際捕鯨委員会(IWC)から日本が脱退する可能性が高まっていると報じた。写真はクジラ。
2018年12月22日、中国中央テレビのニュースサイトは、クジラの資源管理について話し合う国際捕鯨委員会(IWC)から日本が脱退する可能性が高まっていると報じた。以下はその概要。

菅義偉官房長官は20日の定例記者会見で、脱退に関し「現時点では何ら決まっていない」としながらも、「全体をいま考えているところだ」とした。日本政府は年内にもIWCから脱退する方針を固め、19年から商業捕鯨を再開する方針とみられている。

IWCの規則では、日本が19年から商業捕鯨を再開するには1月1日より前に脱退を通知する必要がある。日本は戦後これまで国際機関から脱退した例はなく、現実となれば類を見ない強攻策だと報じられている。

日本がIWCに加盟したのは1951年。1988年から商業捕鯨を中止しているが、調査捕鯨は継続しており、反捕鯨国を中心とする国際社会から強い反発を受けてきた。

日本は30年にわたってIWCに商業捕鯨に関する緩和を働きかけており、今年9月にブラジルで行われたIWC総会でも商業捕鯨の一部再開と決定手続きの要件緩和を提案したが否決され、今後も容認される見通しはまったく立っていなかった。(翻訳・編集/岡田)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • MR***** | (2018/12/25 08:50)

    スーパーで一度も見たこともないのに、なぜ食文化云々を主張するの? 本当に謎多い。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/12/24 12:22)

    まあ、北欧だって捕鯨やってるしね。 個人的には捕鯨自体には反対はしないんだが、日本人ってタガが外れると極端な事し始めるしね。ニシンの時なんかいい例で、捨てるほど獲っては畑の肥料なんかにもしたらしい。 海洋資源の事を考えれば、IWCで頑張ってた方が良かったような気もする。 あと、クジラ云々の前にマイクロプラスチックとか、福一のお漏らしとか、日本がやるべき事は色々あると思うけどね。クジラの為にも。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2018/12/24 09:03)

    今年中に脱退通告をすれば来年6月30日から商業捕鯨ができます。日本の通告を知って1ヶ月以内に脱退通告をした国は1/1以降であっても日本と同じく6月30日から商業捕鯨ができます。多くの国が追随すると思いますよ。 国際捕鯨取締条約は,商業捕鯨頭数を乱獲を取り締まれば増やすことができると前文に条約の目的を明示しています。この条約設置委員会が暴走しモラトリアムを宣言し、自分を生んだ親を食い殺す委員会へと凶暴化した。条約と委員会はすでに国際法違反状態で、法治を否定する環境保護団体というテロリストの巣窟になった。解体の第一歩日本が踏み出した事は誇らしく喜ばしい。 条約前文一部「鯨族が捕獲を適当に取り締まれば繁殖が可能であること及び鯨族が繁殖すればこの天然資源をそこなわないで捕獲できる鯨の数を増加することができることを認め、 」
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事