Record China

ヘッドライン:

韓国の中学生、島根の中学に歴史教育批判の手紙=韓国ネットから称賛の声

配信日時:2018年12月17日(月) 21時20分
拡大
15日、韓国・YTNによると、韓国の中学生が島根県の学校に、竹島をめぐる日本の歴史教育を批判する内容の手紙を送っていたことが分かった。写真は竹島。

2018年12月15日、韓国・YTNによると、韓国の中学生が島根県の学校に、竹島をめぐる日本の歴史教育を批判する内容の手紙を送っていたことが分かった。

記事によると、島根県内の中学校に先月下旬、韓国の中学生らから竹島をめぐる歴史教育を批判する内容の手紙41通が届いた。中学生らは、韓国の「独島(竹島の韓国名)の日」に授業で竹島について学び、手紙を書いたという。

島根県は日本政府に報告した後、中学生らの主張に反論する内容の手紙を「竹島問題研究会」座長の名義で送り返したという。

1905年に竹島を行政区域に編入した島根県は、2005年に「竹島の日」を条例で定め、その翌年から記念行事を行っている。

これに、韓国のネットユーザーからは「頼もしい」「立派だ。安心して彼らに韓国の未来を任せられそう」「歴史をしっかり学ぶ韓国の子どもたちが誇らしいね」など称賛の声が上がっている。また、「日本に抗議すらできない国会議員より素晴らしい」「国会議員らはこれを見て反省してほしい」との声も上がっている。

一方で「日本ではなく韓国大統領府に送るべき」「独島を守りたいなら無視が一番。騒げば騒ぐほど世界に独島=領有権紛争との認識が広まってしまう」との主張も見られた。(翻訳・編集/堂本

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

旭日旗の次は竹島!韓国のゲーム会社がまた批判浴びる=「2回目なら確信犯」「本当に韓国のゲームなの?」―韓国ネット

23日、韓国・スポーツ京郷によると、「旭日旗」柄アイテムで批判を浴びた韓国のゲーム「バトルグラウンドモバイル」の開発会社をめぐり、今度はゲーム内で「独島」との単語をフィルタリングしていたとの情報が拡散し、物議を醸している。写真は韓国にある竹島の模型。

Record China
2018年7月24日 16時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング