【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

ファーウェイ・ジャパン、製品のセキュリティー上の懸念に関する一部報道を否定「まったくの事実無根」―米華字メディア

配信日時:2018年12月16日(日) 12時0分
ファーウェイ・ジャパン、製品のセキュリティー上の懸念に関する報道を否定
画像ID  1051722
15日、ファーウェイ・ジャパンはこのほど、同社製品のセキュリティー上の懸念に関する日本メディアの報道について「まったくの事実無根」と否定する声明を発表した。写真はファーウェイの広告。
2018年12月15日、米華字メディアの多維新聞は、ファーウェイ・ジャパンがこのほど、同社製品のセキュリティー上の懸念に関する日本メディアの報道について「まったくの事実無根」と否定する声明を発表したことを伝えた。

報道によると、日本政府は、中国の情報機関との結び付きを指摘されている中国の通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の製品を事実上、政府調達から排除する方針を決めた。菅官房長官は10日の記者会見で、「サイバーセキュリティーを確保するうえで、情報の摂取・破壊・情報システムの停止等、悪意のある機能が組み込まれた機器を調達しないようにすることは、極めて重要」と述べた。

記事がエンガジェット日本版の15日付報道を引用して伝えたところによると、フジテレビは11日、与党関係者の話として「ファーウェイの製品を分解したところ、ハードウェアに『余計なもの』が見つかった」と報じた。また日本経済新聞は12日、サイバーセキュリティー専門家の話として「ファーウェイの通信機器に、仕様書にないポート(通信の出入り口)が見つかった例がある」「ただ、それがファーウェイの故意かどうかは分からない。開発時の設定作業に利用していたポートを停止せずに製品を出荷したとしても不思議ではない」などと報じた。

こうした報道について、ファーウェイ・ジャパンは14日に声明を出し、「まったくの事実無根」と否定。「日本に導入されているファーウェイの製品はファーウェイならびに日本のお客様の厳格な導入試験に合格している」「ファーウェイにとりサイバーセキュリティーへの取り組みは最重要事項であり、自社の商業的利益をこれに優先させることは決してない」などとした。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事