ソフトバンクの通信障害で大混乱、ネットの普及も「諸刃の剣」―華字紙

配信日時:2018年12月11日(火) 19時20分
ソフトバンクの通信障害で大混乱、ネットの普及も「諸刃の剣」―華字紙
画像ID  1050542
10日、華字紙・日本新華僑報(電子版)は、6日発生したソフトバンクなど世界11カ国で発生した通信障害で、日本社会が混乱した様子を伝えた。資料写真。
2018年12月10日、華字紙・日本新華僑報(電子版)は、6日発生したソフトバンクなど世界11カ国で発生した通信障害で、日本社会が混乱した様子を伝えた。

発生は6日午後。携帯通信の制御を担うスウェーデン通信機器大手エリクソン社製ソフトウエアについて、ライセンス切れが発生したことが発端となり、ソフトバンクのスマートフォン、ブロードバンド、モバイル端末などの利用ができなくなった。

記事は、「今回の通信障害は、日本社会にとって新型災害並みの打撃となった。メールやショートメッセージ、会話アプリなどが使えず、他人との連絡手段は断たれた。車も人も地図アプリを使えず、目的地や家への帰路が分からず道に迷うことになった。多くの人々が紙や掲示板に書かれた地図に頼り、駅などで道を尋ねる事態になった」と伝えた。

また、「影響は連絡や交通手段のまひにとどまらない」とし、「映画やコンサート、遊園地のチケットの発券も不可能になった。ネットショッピングの支払いもできなくなり、宅配便の配達員は荷物や届け先などの情報も入手不能になった」「スーパーや百貨店、コンビニエンスストアでは電子決済が不可能に。客が買うのをあきらめ、レジ脇に置いて出た商品が山積みになっていた」と伝えた。

記事は最後に、「ネットの普及は確かに社会に飛躍的な進歩をもたらした。しかし、いかなる物事も諸刃の剣。全力でネットの発展を進めると同時に、通信障害が社会にもたらすリスクをいかにして予防するか。人々が考える課題だ」と指摘した。(編集・翻訳/大宮)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事