【募集中】韓国語社内スタッフ

日本の主張は「ずうずうしい」?水産物禁輸訴訟で韓国メディアが批判

配信日時:2019年4月15日(月) 15時40分
日本の主張は「図々しい」?水産物禁輸訴訟で韓国メディアが批判
画像ID  1050146
15日、韓国・マネートゥデイは、日本が福島など8県の水産物を韓国に輸出するためのWTOの訴訟で「原発の汚染水の流出と水産物の安全は別もの」との立場を示していた、と伝えた。これについて記事は「ずうずうしい日本」との見出しで批判的に伝えている。写真はソウル。
2019年4月15日、韓国・マネートゥデイは、日本が福島など8県の水産物を韓国に輸出するための世界貿易機関(WTO)の訴訟で「原発の汚染水の流出と水産物の安全は別もの」との立場を示していた、と伝えた。これについて記事は「ずうずうしい日本」との見出しで批判的に伝えている。

記事によると、日本の通商当局関係者はWTOのDBS(紛争解決機関)で「私たちは福島の海水を輸出するのではない。日本産食品自体について科学的検査を行い、サンプル検査で安全が検証されたものを輸出すればいい」との立場を示したという。これについて同部のチョン・ハヌル通商紛争対応課長は14日、「私たちは日本産水産物のサンプル検査で有害性がどれくらい確認できるかの問題とは別に、現地の海が汚染されている状況では商品に潜在的なリスクがあるという点が輸入禁止措置の本質だと主張した」とし、「WTOもやはり、食品のサンプルだけを検査させた1審の紛争処理小委員会(パネル)の基準が間違っていると判断した」と説明したという。

昨年2月に1審に当たるDBSは「韓国の包括的禁止措置は不当」として日本勝訴の判断を下していたが、2審に当たる上訴機関は今月12日に1審の判定を覆し「韓国の輸出禁止措置は妥当だ」とする結論を下した。

日本は現在、1審のパネルの判定を基に「福島産水産物が安全だという事実は認められた」と強調している。ただ、チョン課長は「WTO紛争の結果は日本の水産物の安全調査に対するものではなく、環境汚染による潜在的リスクを考慮した韓国の輸出禁止措置が正当だというもの」とし「日本の論理は韓国政府の措置の本質とかけ離れた話」と主張したという。

これを見た韓国のネットユーザーからは「買う側がいらないと言っているのになぜ無理やり売ろうとする?」「安全なら自分で食べればいい」「日本の主張は自分勝手。もっと分析を重ね、確実な情報を提示するべき」「その海水の中を泳いでいた魚が本当に安全と言える?」など、日本産水産物の輸入に否定的なコメントが数多く寄せられている。(翻訳・編集/堂本
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 寒貧***** | (2019/04/25 16:55)

    厳しい検査基準をクリアしても文句言ってくる隣人 おまいらの大腸菌や寄生虫入りのものなんざ要らんわ
    このコメントは非表示に設定されています。
  • たろち***** | (2019/04/24 10:14)

    これだけは日本の反応が間違い。 例え韓国の方が福島のほとんどの土地よりも空間放射線量のほうが高いという事実があろうとも、日本国内ですら風評で福島産のものを食べない輩が多数いるのに海外に無理やり買わせることなんてできるはずがない。 別の人が言っているとおり、韓国に物を売るのをやめるべき。 ついでにこれまで以上に漁業協定などの優遇措置を止め、厳しく制限してやれ。 韓国から泣きついてきてから有利な立場で交渉を始めればよい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • geo***** | (2019/04/17 12:54)

    負けは負け。負け惜しみは見苦しい。相手が食べたくないといっているのに無理に食べてくださいと懇願までして輸出を図ろうとは恥を知れと言いたい。韓国への輸出は、将来韓国の方から買いたいと言ってくるまでやめるべきです(恐らく言ってくることはありません)。韓国市場などどうでもよいではないですか。自民党政府もWTOの「輸出まかりならん」とのお墨付きを得た以上生産者の顔色を窺う必要が無くなったのですから、これを機にむしろ韓国の貿易をだんだん縮小し、将来の国交断絶への第一歩と捉え、災い転じて福となせばよいと思います。
    このコメントは非表示に設定されています。
    52 0

最新ニュースはこちら

SNS話題記事