Record China

ヘッドライン:

【CRI時評】カナダは「政治的誘拐」の急先鋒に

配信日時:2018年12月10日(月) 9時35分

 数カ月前、カナダのジャスティン・トルドー首相は、米国が国家の安全保障を理由にカナダに発動した鉄鋼・アルミ製品への高関税措置を公の場で批判するとともに、米国に対し、世界貿易機関(WTO)への提訴だけでなく、7月1日から126億米ドル相当の米国からの輸入製品に25%の関税を課すという報復措置を講じ、当時、国際世論はカナダを「気骨ある男」とみなした。

 だがこの「他人に操られることのない」気骨ある男は最近、とても不名誉な役割を演じ、命令に従って華為技術(ファーウェイ)の責任者をバンクーバーでの航空機の乗り継ぎ時に拘束した。

 カナダ最大紙グローブ・アンド・メールの読者で、オタワ在住のアレックス・ドゥハニー氏は同紙への投書で、「私は、私たちの政府が外国企業の経営幹部の誘拐に参与したことを深く恥じている。この恥ずべき行為は、私たちの現在の指導層に不名誉をもたらし、海外ビジネスを行っているカナダ人を危険にさらしている」と述べている。

 数年来、カナダの主要な携帯電話事業者の通信設備にはファーウェイの製品があり、BCEとテラスはともにファーウェイと5Gネットワークの開発で提携し、カナダの一部の大学もファーウェイとパートナーシップを築いている。

 ここ数カ月、カナダ政府は貿易市場を開拓するため、中国との接触を強化し、2国間の自由貿易協定に関する交渉を積極的に推進してきた。先月、中国・カナダ経済財政金融戦略対話の第一ラウンドが北京で行われ、カナダ政府は声明で、「双方は、カナダと中国の経済・貿易関係をさらに深化・拡大させるというコミットメントを再度言明した」と述べた。

 しかし、これらすべての努力と構築された協力は現在、中国企業の責任者の拘束により苦境に陥っている。今回の争いを経て、カナダ政府が引き続きファーウェイを5G技術建設に参与させる可能性はもはやないだろう。なぜなら米国がそれを許さないからだ。中国とある分野で自由貿易協定を達成したいというカナダの目標も恐らく実現は難しいだろう。多くの人たちが、カナダの裁判所や政治家に対し、米国によるファーウェイの責任者の身柄の引き渡し要求を拒むために立ち上がるよう呼びかけている。なぜなら、いわゆる「違法行為」とはそもそも、他の国・企業・個人の間の相互取引を禁止するために政治家が発明した罪名なのだから。これぞまさしく「莫須有(でっち上げ)」だ。

 カナダの司法機関と政府がこの「政治的誘拐」事件で自分自身を誘拐しないことを願っている。(呂暁紅)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

【CRI時評】カナダは誰が為の「人権の衛士」たるか

 有名企業ファーウェイのCFO孟晩舟女史が一日、カナダの空港でトランジットする際、米国側の要求を受けたカナダ当局により身柄を拘束された。そしてこの金曜日(現地時間七日)には、バンクーバーの裁判所で保釈のための公聴会が開かれたが、五時間にわたる審理にも関わらず、裁決は下ることなく、...

CRI online
2018年12月9日 16時15分
続きを読む

【CRI時評】中国の知的財産権保護に、改めて一里塚が登場

 報道によると、中国の裁判所が知的財産権の案件を審理する件数は近年来、急増している。2017年には一審、二審、再審申請など各種全てを含めて知的財産権の案件は24万件近くに達した。16年比で33.50%の増加だ。知的財産権侵害の案件の裁判を遂行することは、中国の知的財産権保護の実行...

CRI online
2018年12月8日 13時10分
続きを読む

【CRI時評】多極的世界にとっての互恵とウィン・ウィンの窓を開ける

 中国の習近平国家主席は6日、欧州とラテンアメリカ4カ国の訪問、G20ブエノスアイレスサミット出席の旅を終え、北京に戻った。習近平主席は各国人民の、世界平和や国家の発展と繁栄、安定して楽しく生活し暮らしたいという、素晴らしい願いや切実な期待を深く感じたと表明した。習主席は世界が抱...

CRI online
2018年12月6日 22時5分
続きを読む

【CRI時評】ポルトガルと築く新たな関係

 ポルトガルのレベロデソウザ大統領の招きの下、習近平国家主席は4日からポルトガルに公式訪問を行うこととなった。中国の国家元首がポルトガルを訪問するのは八年ぶりのことであり、中葡両国が国交樹立四十周年を迎えるこのタイミングで習主席が訪問を果たすことは、両国関係に新たな一ページを添え...

CRI online
2018年12月4日 16時40分
続きを読む

【CRI時評】今後3カ月は中米どちらにも重要

 12月1日、習近平国家主席とトランプ米大統領はアルゼンチンで会談を行い、追加関税拡大などの貿易制限措置を停止することを決定した。双方は今後90日間で協議を加速させ、合意を取り結ぶこととなれば、今年に入って以来互いに課した追加関税を取り消すこととなるが、合意に至らなければ、米側は...

CRI online
2018年12月4日 14時0分
続きを読む

ランキング