2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

エジプトに改良型の無人戦闘爆撃機「翼龍―1D」32機を売却―中国

配信日時:2018年11月30日(金) 0時20分
エジプトに改良型の無人戦闘爆撃機「翼龍―1D」32機を売却―中国
画像ID  1046889
中国メディアの観察者網は27日、無人戦闘爆撃機「翼龍―1」の改良型である「翼龍―1D」32機の売却で、中国側とエジプトとの契約が締結されたと報じた。写真は2018年の珠海航空ショーで展示された「翼龍―1D」。目立つ存在ではなかったという。
中国メディアの観察者網は27日、外電を引用しつつ中国で開発された無人戦闘爆撃機「翼龍―1」の改良型である「翼龍―1D」32機の売却で、エジプトとの契約が締結されたと報じた。6日から11日まで開催された珠海航空ショーで契約が結ばれたという。

「翼龍―1」を開発したのは中国航空工業集団傘下の成飛機設計研究所。初飛行は2007年。中国空軍が08年に運用を始め、アラブ首長国連邦、パキスタン、キルギスタン、サウジアラビア、インドネシアなどにも売却され、ウズベキスタンとナイジェリアにも売却が決まったとされる。

同機は偵察や電子戦、対地攻撃以外にも、災害時の状況観測、大気および気象観測、地質調査や測量、環境保護、農薬の散布や森林火災時の消火活動にも利用できるという。

エジプトもすでに翼龍―1を導入しており、これまでテロリストとされる人物をAR―1空対地ミサイルで攻撃する動画が公開されている。

エジプトは反テロ作戦に翼龍―1を用いてきたが、テロリストには住宅地に分散して潜伏しており、夜間に移動するなどの特徴があり、翼龍―1の状況把握、滞空時間、搭載兵器量には問題があるとして、中国側に改良を要求したという。

翼龍―1Dはそれまで14メートルだった翼幅を17.5メートルに広げ、搭載量を100キログラムから400キログラムに増やした。そのため、爆弾またはミサイルを計4基搭載できるようになったという。

また、レーダーも高性能のものを搭載し、最高高度を7000メートルに引き上げたなどで、気象条件、地形、自然光の状態などの影響を受けずに、航空写真と同様の解像度を持つレーダー画像の撮影が可能になったという。(翻訳・編集/如月隼人
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/11/30 06:50)

    無人戦闘機を本当に中国が開発したなら問題ないが、米国等の技術を第三国を経由して入手したものなら、きっと売り込みに失敗するだろう。米国が特定の国にだけ提供したものを、中国が世界に広めることを傍観するはずがないからだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事