アンディ・ラウが「金馬奨」審査委員長に、10日間で驚き高額ギャラ―台湾

配信日時:2012年11月18日(日) 12時36分
アンディ・ラウが「金馬奨」審査委員長に、10日間で驚き高額ギャラ―台湾
画像ID  357142
17日、台湾で開催中の映画祭「金馬影展」で、審査委員長に選ばれた俳優アンディ・ラウが仕事をスタートしている。写真はアンディ・ラウ。
2012年11月17日、台湾で開催中の映画祭「金馬影展」で、審査委員長に選ばれた俳優アンディ・ラウ(劉徳華)が仕事をスタートしている。新華網が伝えた。

その他の写真

先月26日に開幕した「金馬影展」。この中で行われる中国語映画賞「金馬奨」は、台湾版アカデミー賞と言われ、1962年に第1回が行われた権威ある映画賞だ。今月24日に授賞式が行われる予定で、審査委員長として香港の俳優アンディ・ラウが選ばれている。

審査委員長を引き受けたアンディは13日に台湾入りし、約10日間でノミネート作品36本をはじめ、連日映画を観賞する予定。台北市内の映画館に気軽に足を運ぶアンディの姿が、台湾では大きな話題になっている。

1年間で4億5000万台湾ドル(約13億円)稼ぐと言われるアンディだが、約10日間の拘束で伝えられる今回のギャラは1230万台湾ドル(約3400万円)。驚きの高値だが、これでも随分と安く、台湾メディアでは「アンディの誠意が感じられる」と伝えている。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事