Record China

ヘッドライン:

中国の人気俳優が日本人の彼女にDV!インスタで全身あざだらけ写真公開―中国メディア

配信日時:2018年11月20日(火) 15時40分
拡大
2018年11月20日、中国の人気俳優・蒋勁夫(ジャン・ジンフー)の交際相手である日本人女性が、インスタグラムで蒋から暴力を受けてできたとされる全身あざだらけの写真を掲載した。新京報など複数の中国メディアが伝えている。

蒋は今年4月より日本に留学しており、7月には中国版ツイッター・微博上で交際相手とみられる女性と一緒に撮影した写真を掲載。その後、相手が日本人モデルの中浦悠花さんであることを明らかにし、9月には2人で蒋の両親に会いに行ったことを報告していた。

しかし10月下旬になり、蒋と中浦さんとのインスタグラム上の相互フォローが解除され、交際中の写真も削除されているのが見つかった。その後、蒋が日本でトラブルに巻き込まれて行方不明になっているとの報道も出ていた。

中浦さんは20日にインスタグラムを更新。顔や腕などに多数の青あざやすり傷がある自身の写真を掲載した。そして、中国語と日本語で「蒋勁夫が失踪していて、それに私が関係していることは間違いありません。しかし、弁護士さんや捜査関係者から止めれているため、今はこれ以上のお話はできません」とコメントしている。

中浦さんが書き込んだ直後、蒋も微博を更新し「この1カ月、後悔とざんげの中で過ごした。悠花、ごめんなさい。自分の衝動的な行為であなたとその家族を傷つけてしまった。理由はどうあれ、手をあげるべきではなかった。自分の行為を恥じており、その責任を負うとともに、懲罰を受けるつもりだ」と書き込んだ。

この件は中国のネット上で大きな注目を集めており、微博の検索ワードランキングで、「蒋勁夫がドメスティックバイオレンス(DV)認める」が1位に、「蒋勁夫の彼女が負傷」が2位に入っており、数十万件のコメントが寄せられている。

中国のネットユーザーは「ファンだったけど、ものすごく失望した」「あなたはこの数年、一体何をやってきたのか。何をやってもいいとでも思ったのか」「どうしてそうなったのか知りたいが、それでもあなたが間違っている」「DVは恥ずべき行為」といった感想を残している。

また「DVの癖は治らないと思う」「一度やれば、二度目もある」「俳優人生、終わったな」など、仮に事実だった場合には再発の可能性があり、従来同様の芸能活動をするのは難しいとする意見も見られた。

一方で「彼がそんなことをするなんて、信じられない」「交際相手に問題があったに違いない」「蒋自身が書き込んだようには思えないのだけど」「逆に脅されている感じがする」「失踪してるのに微博を更新するっておかしくない?」など、蒋を擁護したり、問題の複雑性を感じるユーザーもいた。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

防弾少年団、原爆Tシャツに続き今度はナチス帽で非難=中国ネットの反応は?

13日、韓国の7人組男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」が「原爆Tシャツ」問題で日本の世論の猛反発を受けたのに続き、ナチス親衛隊の記章をあしらった帽子をかぶったりしていたとして米ユダヤ系団体から非難されたことが、中国でも話題になっている。

Record China
2018年11月13日 10時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング