Record China

ヘッドライン:

マナー違反者にNO!北京で「ブラックリスト」導入計画―中国

配信日時:2019年4月8日(月) 17時40分
拡大
7日、中国中央テレビは、北京市内の公園で、マナーを守らない来場者を対象とするブラックリスト制度導入に向けた動きが進んでいると報じた。写真は北京。

2019年4月7日、中国中央テレビは、北京市内の公園で、マナーを守らない来場者を対象とするブラックリスト制度導入に向けた動きが進んでいると報じた。

清明節3連休の中日にあたった6日は、北京市内に161の重点モニタリング観光スポットに延べ232万4000人と、前年の同じ時期に比べて約30%多い人出があり、公園来場者の数が増えるとともにモラルやマナーに欠ける行為もしばしば起きたという。

同市公園管理センター安全応急処の米山坡(ミー・シャンポー)処長は「清明節の期間中、市立の各公園ではパトロールを強化し、警備員だけでなくすべてのスタッフが巡回している。また、社会ボランティアなどの協力も得ながら、マナーに欠ける行為の制止に努めている」と紹介した。

そのうえで、同市にある市立公園では観光当局の取り組みを参考とした「公園ブラックリスト」制度導入に向けた検討が進んでおり、今後再三にわたる注意や静止を無視し、文化財などを破壊する悪質な行為を繰り返す来場者に対して一定の入園制限措置をとる予定だと紹介。人物の特定においては顔認証システムなどのテクノロジーを採用する計画があるとした(翻訳・編集/川尻

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

他人の座席を占領した女性がとんでもないことを言い出す=中国ネット「どういう神経してるのか」「中国にこんな恥ずかしいものが…」

中国では最近、高速鉄道などで他人の座席を占領する「覇座」という行為が問題になっているが、このほど、列車内で座席を占領した女性が言い放ったある言葉が「神反問だ」と話題になっている。

Record China
2019年2月27日 0時10分
続きを読む

ランキング