BTS問題で高まる韓国の反日感情、矛先はユニクロへ?

Record China    2018年11月14日(水) 22時10分

拡大

14日、韓国・ヘラルド経済によると、韓国で16日に始まるユニクロ感謝祭が、早くも大きな注目を集めている。写真はBTS。

2018年11月14日、韓国・ヘラルド経済によると、韓国で16日に始まるユニクロ感謝祭(大規模セールイベント)が、早くも大きな注目を集めている。

記事によると、韓国ではユニクロ感謝祭を前に、事前にポータルサイトで商品を見定め、購入計画を練る人たちが増加。「ユニクロ感謝祭」がリアルタイム検索ワードランキングで1位になるほど大きな注目を集めている。一方でこれに対する反感の声も高まっているという。その理由について、記事は「防弾少年団(BTS)のMステ出演見送り問題や、韓国最高裁の徴用工判決により日韓関係が悪化し、反日感情が高まっているため」と説明している。

実際に、韓国のネットユーザーからは「検索ワードランキングにユニクロ感謝祭が入るなんて、この国は矛盾している」「不買運動してもおかしくない状況なのに」「常識のある人なら買わない」「今の状況をよく考えた上で日本製品を買ってほしい」「いくら安くて質が良いとっても、日本の製品は買いたくない」「ユニクロを宣伝する芸能人たちも反省してほしい」「私は買う。安い時に買わなきゃ損!」「それでもやっぱり日本製品が好き」「アイドルがいなくても生きていけるけど、ヒートテックがないと生きていけない。両親にもプレゼントするよ」など賛否両論があり、注目度はかなり高い。

記事はまた「韓国の反日感情は、ユニクロが韓国で事業を展開する中で最も懸念し警戒してきた部分」と伝えている。ユニクロは2015年、歌舞伎デザインの製品の販売対象国から韓国だけを除外した。当時、日本の本社に販売しないよう要請した韓国支社は「反日感情ではなく市場性が低いと判断した」と説明したものの、韓国では「世間からの非難を意識した決定」との見方が強かった。ユニクロ感謝祭は16日から19日まで、4日間行われる予定だという。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携