<中国人観光客が見た日本>日本の漫画文化に畏敬の念を抱いた瞬間

配信日時:2018年11月5日(月) 0時20分
<中国人観光客が見た日本>日本の漫画文化に畏敬の念を抱いた瞬間
画像ID  1039483
4日、中国のネット上にこのほど、上野・秋葉原界隈を旅した中国人観光客の旅行記が掲載された。
2018年11月4日、中国のネット上にこのほど、上野・秋葉原界隈を旅した中国人観光客の旅行記が掲載された。以下はその概要。

上野の地下鉄駅から外に出ると、たくさんの子どもたちがいた。ピクニック帽をかぶり小さなかばんを背負っている姿がとてもかわいらしかった。動物園に入るとすぐ、シャンシャン目当ての大行列が見えた。入場券にもシャンシャンが描かれていて萌えた。不忍池の蓮の大きさは衝撃的だった。「夜の動物園」に通じる道もあった。上野動物園の広さは想像以上で、国家級動物園の名に恥じないものだった。観覧したり写真撮影したり行列に加わったりと、丸1日費やした。

上野公園の向かい側にあるアメ横にはぜひ行ってみたいと思っていた。その名前の趣に引かれるものがあったからだ。そこではトルコ料理のケバブを買った。

銀座の雑貨屋さんなどを回り、秋葉原へ。古本屋の漫画本コーナーがぎっしりと並べられた本棚の前で、ブリーフケースを持った会社員やリュックを背負った若者などが好きな漫画を読んでいた。楽しそうに微笑む彼らの姿を見て、日本の漫画文化に畏敬の念を抱いた。日々のつらい仕事から抜け出して、本の中の理想的な世界にやって来たのだろう。

夕食は立ち食い焼肉で話題の「治郎丸」へ行った。日本へ来る前にずいぶん時間をかけて調べたお店だ。立ち食いのお店だけあって店内はとても狭く、客の回転がとても早かった。肉は生臭さもなくとても新鮮で、たれをつけた肉2~3枚で軽くご飯1杯いけた。これほどうまい焼肉は、今回の日本旅行で、いやこれまでの人生を含めても初めてだった。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/11/05 13:09)

    日本の漫画界も停滞してる時期はあったんだが、それでもなんとか前に進んでいる気はするね。 流行り廃りは定期的にあって、今はラノベなんかの影響で、異世界系とか俺TUEE系なんかが人気なのか。食傷気味にはなってきてるけど、そこから派生した異世界グルメ系なんて変化球も人気になってる。これも今では食傷気味なので、次は何が出てくるのか。 日常系、SF系、ホラー系、ファンタジー系、スポーツもの、ミステリーに社会派漫画とか、様々なジャンルで新しいものが出てくるのは、やはり創作というものに対して「裾野が広い」からだろうか。 しっかり資料を集め、取材した上で書くしっかりとした作品も有れば、多少の資料の他はほぼ頭の中の想像とアイデアだけで勝負してるような作品もある。 日本の技術力が落ちたのは理系学生の減少が大きな要因だが、創作の世界はプロからアマまで、まだまだ人が減りそうにないね。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事