中国人男性の精子減少、中国の出生率引き上げ努力に影響?―香港紙

配信日時:2018年10月30日(火) 0時20分
中国人男性の精子減少、中国の出生率引き上げ努力に影響?―香港紙
画像ID  1037549
29日、環球時報は、「精子減少が中国の出生率引き上げ努力に影響するかもしれない」とする香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストの記事を取り上げた。資料写真。
2018年10月29日、環球時報は、「精子減少が中国の出生率引き上げ努力に影響するかもしれない」とする香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストの記事を取り上げた。

記事によると、復旦大学・人類精子バンクが35歳以下の提供者100人余りの精液を調べたところ、基準クリアは10%にとどまった。上海市仁済医院でも13年は40%を超えていた合格率が昨年は25%に下降。北京大学第3医院も15年9月から16年5月に入手したサンプルで合格率20%未満という結果に直面している。

記事は「中国の状況は先進国と似ている」と指摘し、「昨年、ある研究で欧米男性の精子の数が約40年間で50%減ったことが示された」と説明。「化学製品や放射線、飲酒、喫煙などが精子を減らす原因かもしれない」などとした上で、「20年前に3%だった中国の不妊率が現在は10~15%に上昇」と伝えた。ただ、専門家からは「精子の数はまだ正常範囲。数の現象イコール生育能力の下降ではない」とのコメントが寄せられているそうだ。(翻訳・編集/野谷
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事