韓国紙がスクープ!グローバル企業が北朝鮮を極秘訪問

Record China    2018年10月17日(水) 17時40分

拡大

17日、環球網によると、グローバル企業の関係者が先月末、制裁の続く北朝鮮を極秘訪問していたことが分かった。写真は北朝鮮。

2018年10月17日、環球網によると、グローバル企業の関係者が先月末、制裁の続く北朝鮮を極秘訪問していたことが分かった。

記事は韓国・東亜日報のスクープを引用。それによると、訪朝したのは鉱物資源、エネルギー事業を手掛けるA社(本社:ドイツ)と米国の大手穀物会社B社などで、北朝鮮側は一行を「経済視察団」と呼んだ。この情報を明かした消息筋は「制裁緩和、資金の流入に北朝鮮内部の期待は高まっている」と話したそうだ。

レアメタルなど北朝鮮が持つ鉱物資源の潜在価値は4000兆ウォン(約400兆円)に上るとされており、韓国鉱物資源公社の資料によると、推定埋蔵量はマグネサイト60億トン、鉄鉱50億トン、黒鉛200万トン、タングステン25万トンに上るとのことだ。A社はマグネサイトなどに関心があるという。

一方、B社は穀物のほか、種子や動物性たんぱく質を生産、販売する企業で、韓国にも拠点を構えている。訪朝時は現地の環境や投資の可能性に関する情報を得たもようだ。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携