日本の電車内で男性がもたれかかる女性の頭をスマホで殴打=中国ネット「クレイジー」「ここまでする必要が?」

Record China    2018年10月10日(水) 11時20分

拡大

9日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)上で、日本の電車内で居眠りしもたれかかってくる女性の頭をスマートフォンで殴る男性の動画が転載され、中国のネットユーザーの間で物議を醸している。

2018年10月9日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)上で、日本の電車内で居眠りしもたれかかってくる女性の頭をスマートフォンで殴る男性の動画が転載され、中国のネットユーザーの間で物議を醸している。

約16秒間の短い動画には、女性が電車に揺られながら居眠りし、隣のマスクをした男性に頭をもたせかけている様子が映っている。男性はカバンの中からおもむろにスマホを取り出すと、ちゅうちょなく女性の頭を殴った。女性ははっとしているが、殴られたことには気付いていないようだ。

この動画は中国メディア・看看新聞も9日付の記事で取り上げた。撮影者の日本のネットユーザーは、ツイッターで「(たたいたのは)4回目です」とし、男性がすでに3回女性の頭を殴っていたため撮影したとしている。

この動画を見たネットユーザーからは、また、「日本人って礼儀正しくて有名じゃなかった?」「日本人の民度を大絶賛…じゃなかったの?。一体どうした?」と驚く声が上がった。また、「起こしたいなら他にも方法あるでしょ」「クレイジー」「なんでここまでする必要があるの?」「声を掛けてあげればいいのに」などと、男性に批判的なコメントが相次いでいる。

一方で、「でも、もし男女が反対だったら?。女性が殴る分には許されてしまうかもしれない」「この男性は手で揺り起こすとセクハラだと勘違いされると思ったのでは?」などというコメントも見られた。

このほか、「すごく潔癖症な人だったら他人の頭が自分の肩に触れるのが嫌なのは分かる。でもやっぱりこの方法は間違っていると思う」などとさまざまな意見があり、中国でも関心が集まっていることが分かる。(翻訳・編集/和田)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携