ダイナコムウェアのフォント「金剛黒体」が中華圏向け商品として金点設計奨を受賞、その他

配信日時:2018年10月4日(木) 8時50分
ダイナコムウェアの「金剛黒体」が中華圏向け商品として受賞、その他
画像ID  1030530
ダイナコムウェア(東京都千代田区)は同社商品のデジタル用フォントの「金剛黒体」が、「台湾創意設計中心(台湾デザインセンター)が主催する中華圏向け商品を対象とする金点設計奨(ゴールデン・ピン・アワード)を受賞したと発表した。
<日中経済・新事情>
関連用語:ダイナコムウェア、フォント、中華圏向け商品、受賞、金剛黒体、甲金文体 / 帝人ファーマ、高尿酸血症・痛風治療剤、輸入薬承認 / ビジネスガイド社、Gift Show in 上海、華東輸出入商品交易会 / Think Global, Think Hong Kong、香港貿易発展局

●ダイナコムウェア、中華圏向け商品としてデジタル用フォント「金剛黒体」が金点設計奨を受賞
ダイナコムウェア(東京都千代田区)は3日、同社商品のデジタル用フォントの「金剛黒体」が、「台湾創意設計中心(台湾デザインセンター)が主催する中華圏向け商品を対象とする金点設計奨(ゴールデン・ピン・アワード)を受賞したと発表した。「金剛黒体」はシンプルで洗練されたデザインで、液晶表示の視認や可読においてストレスを大幅に軽減できるなどの特徴があるという。日本語、繁体字(中国語旧字体)、簡体字(中国大陸部略字体)など15言語に対応している。同社によると、古代文字の美しさを再現した「甲金文体」は2018年グッドデザイン賞を受賞した。

●帝人ファーマ、高尿酸血症・痛風治療剤の「フェブキソスタット」が中国で輸入薬承認
 帝人ファーマは3日、自社創製した高尿酸血症・痛風治療剤「フェブキソスタット」(中国販売名「非布司他片」がこのたび、中国当局から輸入薬品承認を取得し、「痛風患者における高尿酸血症治療」の適応が認められましたと発表した。現地で販売委託契約を締結しているアステラス製薬(中国)と連携し、2019年初頭の販売開始を目指す。中国国内の通風患者数は約1500万人で、主因となる高尿酸血症の患者数は全人口の13.3%に相当する約1億8000万人に上ると推定されている。

●ビジネスガイド社、Gift Show in 上海などの説明会を開催
ビジネスガイド社は大阪マーチャンダイズ・マートで18日、「第14回Gift Show in 上海」と「華東輸出入商品交易会」の出展検討説明会を開催する。「Gift Show in 上海」は同社による、中国で唯一日本企業が主催する展示会。上海世貿商城で12月17日から19日まで開催。「華東輸出入商品交易会」は上海など華東地区最大規模の消費財国際専門見本市で、上海新国際博覧センターで2019年3月1日から4日まで開催。

●過去最大の香港対日ビジネスプロモーションが11月1日に東京で開催。
香港貿易発展局はホテルニューオータニ東京で11月1日、過去最大の対日ビジネスプロモーション「Think Global, Think Hong Kong」を開催する。10月3日には同局レイモンド・イップ上席副総裁が来日しメディアなどに向け詳細を説明した。同イベントの開催は2012年に続き2回目。メーンとなるシンポジウム、7つのテーマ別分科会、ビジネスマッチングを行う相談・商談会、ネットワーキングイベントなどを行う。主催の香港貿易発展局は1966年に設立された政府系機関で、香港本部のほか世界約50都市に海外事務所を設置。(翻訳・編集/如月隼人
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事