Record China

ヘッドライン:

多くの中国人が驚いた日本人のノーベル賞受賞、だが中国も希望が持てる―中国メディア

配信日時:2018年10月2日(火) 15時50分
拡大
1日、中国青年報オンライン版は、2018年のノーベル医学・生理学賞にジェームズ・アリソン氏と本庶佑氏の2人が選ばれたことについて、「多くの中国人が『また日本人か!』と驚いた」と報じた。資料写真。

2018年10月1日、中国青年報オンライン版は、2018年のノーベル医学・生理学賞に米・テキサス大アンダーソンがんセンターの免疫学教授のジェームズ・アリソン氏と京都大特別教授の本庶佑氏の2人が選ばれたことについて、「多くの中国人が『また日本人か!』と驚いた」と報じた。

2015年と16年に続く日本人科学者の同賞の受賞で、本庶特別教授は日本人で24番目のノーベル賞受賞者(日系米国人2人と日系イギリス人を除く)となる。対照的に、中国のノーベル賞受賞者は薬学者の屠●●(●は口へんに「幼」、トゥ・ヨウヨウ)氏のみ(受賞時、国籍が他国である受賞者は含まず)で、それも大村智氏らとの共同受賞だった。

記事によると、中国科学院青年革新促進会理事、中国科学院北京ゲノム所の陳科(チェン・カー)博士は「日本のノーベル賞受賞者数が多い背景は、日本政府が基礎研究を重視し、強く資金援助していることと無関係ではない。ノーベル賞受賞者数に加え、背景には経済の急成長もあり、それらはいずれも科学技術革新の発展、特に基礎研究の発展と切り離せない」と見ているという。

そして、現在、中国も科学技術革新を重視していることについて、陳博士は同紙記者に「世論も実際の財政支援も弱くない」とし、「このような支援があれば、中国は将来的により多くのノーベル賞受賞者が誕生するだろう」と述べたという。

また、記事は、ノーベル賞公式サイトを調べた結果、2017年までに892人がノーベル賞を受賞しており、そのうち、米国が最多で、英国が2位、ドイツが3位と続くと伝えた。(翻訳・編集/南部)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「日本人の名前じゃないか!」「発展する日本に比べ韓国は…」=韓国ネットがカズオ・イシグロ氏のノーベル賞受賞に敏感反応

5日、今年のノーベル文学賞受賞者に英作家カズオ・イシグロ氏が選ばれたニュースは、韓国の詩人・高銀氏の受賞に期待が高まっていた韓国でも速報で続々と報じられ大きな話題となっている。資料写真。

Record China
2017年10月6日 13時50分
続きを読む

ランキング