<中華ボイス>反日デモ参加者の約3割、釣魚島の場所すら知らず―中国政府関係者

配信日時:2012年9月27日(木) 8時12分
<中華ボイス>反日デモ参加者の約3割、釣魚島の場所すら知らず―中国政府関係者
画像ID  348538
反日デモも落ち着きをみせ、過激な破壊行為を行った者たちが相次ぎ逮捕されている。ある都市は破壊行為を行った47人を逮捕したのだが、取り調べで内12人の人は尖閣諸島がどこにあるのかさえわからなかったという。写真は反日デモにおける中国各地での破壊行為。
日本の尖閣諸島国有化に反発して、中国で大規模な反日デモが続発。参加者たちは尖閣諸島の領有権を主張し、その抗議運動は次第に過激さを増して行った。暴徒と化した民衆は日系レストランや日本車の破壊を繰り返し、日本人が危害を加えられるケースも発生。現在反日デモは落ち着きをみせており、当局は破壊行為を行った者の検挙を始めている。

その他の写真

2012年9月25日、中国・湖南省政府関係者は過激な反日デモを行った人たちについて、「今月の18日は柳条湖事件に当たる日で、多くの都市で反日デモが行われた。その際にデモに参加した人たちの一部が暴徒化し、日本車や日本関連の店を破壊した。ある都市は18日の反日デモで破壊行為を行った若者47人の身柄を拘束し、取り調べを行った。すると、あれだけ反日をうたい、尖閣諸島は中国の領土と叫んでいたにもかかわらず、なんと47人の内12人の人は釣魚島(尖閣諸島)がどこにあるのかさえわからなかったという」と実名登録のマイクロブログで無知な反日デモの実情を伝えた。(翻訳・編集/内山
最新ニュースはこちら

SNS話題記事