商業捕鯨再開否決で日本がIWC脱退を示唆したことに中国ネットは「日本はもう少しメンツを気にした方がいい」

配信日時:2018年9月15日(土) 17時50分
商業捕鯨再開否決で日本がIWC脱退を示唆、中国ネットの反応は?
画像ID  1025124
中国メディアの新浪新聞は15日、中国版ツイッター・微博アカウントの微天下を通じて、IWC総会で商業捕鯨の再開が否決されたことに日本が不満を示していると伝えた。中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。
中国メディアの新浪新聞は15日、中国版ツイッター・微博アカウントの微天下を通じて、国際捕鯨委員会(IWC)で商業捕鯨の再開が否決されたことに日本が不満を示していると伝えた。

記事は、「ブラジルで開かれたIWC総会で14日、商業捕鯨の一部再開を盛り込んだ日本の提案は、オーストラリアや米国、欧州連合(EU)などの反捕鯨国を中心に反対が41票となり、賛成27票を上回って否決された。日本は、商業捕鯨とクジラの保護の共存を実現する提案だと主張していた。日本の農林水産副大臣は投票結果について遺憾の意を表明し、IWC脱退の可能性を示唆した」と伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「日本は恥ずかしいことをすべきではない」「日本はもう少しメンツを気にした方がいい」など、脱退を示唆したことに対して批判するコメントが多く寄せられた。

一票で、「でも北欧やカナダもクジラやアザラシをずいぶん捕っている」「クジラが絶滅の危機にあるのかどうかがポイントだと思う。絶滅危機でなければ、マグロを捕るのと変わらないと思う」などと指摘する意見もも寄せられた。

他には、「脱退はトランプ大統領から学んだな」「脱退すればしたいことをできるというのか?」「賛成が27票もあったことに驚きだ」などのコメントもあった。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事