鹿が金の袋を背負い…「一帯一路」ならぬ「一袋一鹿」に批判の声「政治的な悪意が見える」―中国

配信日時:2018年9月6日(木) 19時40分
鹿が金の袋を背負い…「一帯一路」ならぬ「一袋一鹿」に批判の声
画像ID  1021792
中国政府の進める経済圏構想「一帯一路」をモチーフにしたアート作品を中国の芸術家が作製し、注目されている。
2018年9月4日、米華字メディア・多維新聞によると、中国政府の進める経済圏構想「一帯一路」をモチーフにしたアート作品を中国の芸術家が作製した。

中国の芸術家・君芸豪(ジュン・イーハオ)さんが作製した鹿が金色の袋を背負っている像「一袋一鹿」が北京華夏管理学院に設置された。

「一袋一鹿(イーダイイールー)」は「一帯一路」と同じ発音。「袋」はお金の入った袋を、「鹿」は陸海空の交易ルートを象徴しているという。君芸豪さんはこの像を寄贈したことで学院から表彰された。

このアート作品は中国のネット上でも大きな注目を集めているが、その多くは否定的な目で見ている。「政治的な悪意が見える」「『馬鹿撒幣』(大ばかの意味)を連想させる」「節操がない」など批判的なコメントが多数寄せられているという。(翻訳・編集/岡田)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事