【動画】閉館した千葉の「犬吠埼マリンパーク」に残された孤独なイルカ―中国メディア

配信日時:2018年9月7日(金) 0時10分
閉館した「犬吠埼マリンパーク」に残された孤独なイルカ
画像ID  1021562
入館者の減少や老朽化のため閉館した千葉県の「犬吠埼マリンパーク」で、8カ月もさびしく1匹だけ泳ぎ続けているイルカの「ハニー」を心配する声が日本で高まっている。
入館者の減少や老朽化のため閉館した千葉県の「犬吠埼マリンパーク」で、8カ月もさびしく1匹だけ泳ぎ続けているイルカの「ハニー」を心配する声が日本で高まっている。

関東平野最東端に位置し、太平洋に面する「犬吠埼マリンパーク」は来場者が落ち込み今年1月に閉館に追い込まれた。しかし同水族館にはイルカのハニーのほか、ペンギン46羽、多くの魚類やウミガメなどが残され、今も同館で飼育されている。

閉館後も飼育スタッフが餌を与えているものの、以前のような細やかな世話まではできなくなってしまっているという。

動物愛護団体PEACEの東さちこ代表は、「水族館はすでに閉館しており、收入もない状態でこれらの海洋動物をいつまで世話できるのかも分からない」と心配している。

閉館した水族館で、元気なくしょんぼりと泳ぐハニーの姿や、痩せてぼんやりと立ちすくむペンギンたちの姿を目にした日本のネットユーザーや動物愛護団体の人々は、怒りを覚えると共に、ネット上で「ハニーや他の動物たちを早く助けて」と呼びかける抗議活動を行っている。しかし、現在までに水族館を運営するマリンパークやその親会社からは何の回答も得られていない。(提供/人民網日本語版・編集/KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事