Record China

ヘッドライン:

日本のエース破った中国競泳の孫楊、国旗の次はマスコットでロゴ隠し―中国メディア

配信日時:2018年8月22日(水) 14時20分
拡大
22日、ジャカルタ・アジア大会ですでに3個の金メダルを手にした中国競泳男子の孫楊だが、中国ではその圧巻の泳ぎとともに表彰式での服装にも注目が集まっている。

2018年8月22日、ジャカルタ・アジア大会ですでに3個の金メダルを手にした中国競泳男子の孫楊(スン・ヤン)だが、中国ではその圧巻の泳ぎとともに表彰式での服装にも注目が集まっている。

19日の200メートル自由形で金メダルを獲得した孫は、中国代表団指定の「安踏」ではなく「361度」の服装で表彰式に登場。これに批判の声が上がったが、指定の服装で臨んだ翌日の800メートル自由形の表彰式でも中国国旗を肩から掛け、安踏のロゴが隠れた状態になったとして物議を醸した。

さらに、江原騎士、萩野公介を制して優勝した21日の400メートル自由形では、右腕に抱いた公式マスコットのぬいぐるみでロゴが一部隠れる事態に。これを指摘した中国の自メディア(新興メディア)は「意図的な動作かどうかは判断できないが、他の選手はぬいぐるみを右胸に持って来てはいないようだ」とも説明している。

この問題に中国のネット上にはさまざまなコメントが寄せられており、「安踏は当局に訴えると同時にスポンサー料を回収すべき」などの意見が出る一方、「代表団とスポンサーとの契約も、選手個人とスポンサーとの契約も、同じ契約として尊重されるべきではないのか」と孫を擁護する声も上がっている。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング