【動画】武漢のスーパーで顔認証決済スタート、30秒足らずで完了―中国

配信日時:2018年8月20日(月) 5時30分
武漢のスーパーで顔認証決済スタート、30秒足らずで完了
画像ID  1016005
武漢のスーパーで顔認証決済システムが導入された。
武漢のスーパーで顔認証決済システムが導入された。武昌区水果湖の中百倉儲スーパーマーケットでは、数人の客がレジ近くの新しい機械で顔認証決済を興味深げに、または落ち着いて体験していた。慣れていない客には従業員が操作方法を丁寧に説明していた。

客がスクリーンの指示に従い、選んだ商品のバーコードを機械にスキャンさせると、各商品の名称、数、価格などの情報が表示される。間違いがないことを確認した後、支付宝(アリペイ)に紐付けした携帯電話番号を入力。「支払い確認」をタッチすると、バーコード決済か顔認証決済を選択できる。顔認証を選択すると、機械の撮影した顧客の顔写真がスクリーンに表示される。「支払い」をタッチすればただちに支払いが済み、スクリーン下から自動的にレシートが出て完了する。全てのプロセスが30秒足らずで完了する。

同スーパー水果湖店の王玲(ワン・リン)店長によると、中百倉儲は湖北省のスーパーで初めて支付宝のセルフ決済システムを導入した。8月初めに開始し、すでに70店余りで導入。同店ではセルフ決済額の割合が徐々に高まり、すでに20%に達している。顧客の反応は、迅速で便利だとする声が一般的だ。セルフ決済は今後の趨勢となる可能性が高く、企業にとっては人件費削減の大きな助けにもなる。 (提供/人民網日本語版・編集/NA)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事