韓国の文大統領が考える「慰安婦問題の解決法」=韓国ネットから賛否両論

Record China    2018年8月15日(水) 20時50分

拡大

14日、韓国・MBNは、韓国の文在寅大統領が考える慰安婦問題の解決法について伝えた。写真はソウルの慰安婦像。

2018年8月14日、韓国・MBNは、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が考える慰安婦問題の解決法について伝えた。

文大統領は同日、韓国で今年から法定記念日となった「慰安婦被害者をたたえる日」の記念式典に出席し、演説した。文大統領は、慰安婦問題について「毎年繰り返される日韓の外交紛争で解決できる問題でない」と述べた。その上で「日韓の歴史問題ではなく、戦時中の女性の性暴力問題、人類の普遍的な女性の人権問題と認識するべき」と主張。解決のためには、日本を含む全世界が女性の性暴力と人権問題を深く反省し、繰り返してはならないと気付くことが必要であるとの考えを強調したという。

これに、韓国のネットユーザーからは「慰安婦問題は韓国人だけの問題じゃない。世界が一緒に解決策を講じるべき。文大統領の正しい歴史認識を応援する」「国民が望んでいるのは、こういう堂々とした政府の姿だ」「正しい言葉。いつも国民を考えてくれる大統領に感謝」と賛同する声が上がっている。

一方で「韓国が日本より豊かで強い国になれば、外交紛争で解決できる」「日本政府の心からの謝罪が唯一の解決法。韓国国民は前政府の慰安婦合意を認めない」と反論する声や、「そのために文大統領は何をする?」「外交的な努力なしに日本が反省するとは思えない」などと指摘する声も。

また「支持率が下がっているから、慌ててショーを始めた」「10年後には生存する慰安婦被害者が1人も残っていないかもしれない。時間が過ぎ、人々の記憶から慰安婦問題が消えるのを待つつもりなんでしょ」と批判的な声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携