Record China

ヘッドライン:

韓国のDMZ飛行禁止区域に「正体不明の航跡」、戦闘機出動も意外な正体にネットため息

配信日時:2019年7月2日(火) 10時40分
拡大
2019年7月1日、韓国・朝鮮日報は、非武装地帯(DMZ)の飛行禁止区域で「正体不明の航跡」が確認されたと報じた。

記事によると、韓国軍合同参謀本部は同日、「午後1時ごろに江原道(カンウォンド)のDMZ周辺でレーダーに正体不明の航跡が映り、確認中」と発表したことが分かった。韓国では昨年11月から施行された「9・19軍事合意」により、軍事境界線(MDL)から10~40キロ以内での航空機の飛行が禁止されている。そのため今回の航跡が北朝鮮の飛行体や無人機だった場合は軍事合意違反に該当する。

しかしその後、KF‐16戦闘機を出動させて調査した結果、操縦士が「鳥の群れ」であることを肉眼で確認したという。

これを受け、韓国のネット上では「鳥に惑わされる韓国軍(笑)」「鳥か敵かも分からないなんて。一体この国の安保はどうなっているの?」「おいおい、鳥が初めて韓国に来たってか?」「うわ、恥ずかしい」などため息交じりのコメントがあふれている。ただ中には「ドローンとかじゃなくて?」「本物の飛行物体だったけど、鳥の群れとうそをついたんじゃなくて?」と疑う声も上がっている。(翻訳・編集/松村)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

「文大統領は仲裁者から客に転落」韓国議員が米朝首脳会談に厳しい評価

1日、韓国・ニューシスによると、1日に南北境界の板門店で開催された米朝首脳会談をめぐり、韓国野党「自由韓国党」の羅卿ウォン院内代表が「文在寅大統領は初めは運転手、そして仲裁者を自称してきたが、ついには客に転落してしまった」と評価した。写真は板門店。

Record china
2019年7月1日 16時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング