中国の格安航空、「1人で複数の座席買い占め」サービスを開始―中国メディア

配信日時:2018年7月31日(火) 8時50分
中国の格安航空、「1人で複数の座席買い占め」サービスを開始
画像ID  1010356
中国の格安航空会社が1人で複数の座席を独占できるサービスの取り扱いを始めた。
2018年7月29日、成都日報によると、中国の航空会社が1人で複数の座席を独占できるサービスの取り扱いを始めた。

雲南省昆明市に本社を置く海南航空系の格安航空会社(LCC)・雲南祥鵬航空は28日、乗客自身が座る席以外にも追加料金を支払うことで周辺の座席も買い占めることができるサービスをスタートした。

雲南祥鵬航空の責任者によると、より快適に移動したいという旅客や、機密文書・情報を運ぶビジネスマン、預けにくい壊れ物・大型荷物を運びたいという人からの要望に応えたサービスだという。

追加の座席は通常の料金から2割引で提供される。搭乗率が100%に至らない旅客機は少なくなく、こうしたサービスを販売することは航空会社にとってもプラスになるはずだと業界関係者は話している。(翻訳・編集/岡田)
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事