SNH48グループ第5回総選挙、2年連続2位のリー・イートンが40万票超えで1位、念願果たす―中国

Record China    2018年7月29日(日) 12時0分

拡大

28日、中国のアイドルグループ・SNH48グループの第5回総選挙の発表イベントが行われ、SNH48チームNIIのリー・イートンが初めて1位を獲得した。

(1 / 8 枚)

2018年7月28日、中国のアイドルグループ・SNH48グループの第5回総選挙の発表イベントが行われ、SNH48チームNIIのリー・イートン(李藝[丹彡])が初めて1位を獲得した。新浪が伝えた。

その他の写真

今年で5回目を迎えた選抜総選挙には、上海を拠点とするSNH48をはじめ、中国の各都市を拠点にした姉妹グループBEJ48、GNZ48、SHY48、CKG48と合計5つのグループから、総勢303人が参加した。この結果、SNH48チームNIIのリー・イートンが40万2040.4票を獲得して第1位に選ばれた。

リー・イートンはこれまで、第1回の総選挙で6位、第2回は3位で、その後は2年連続で2位だった。「4000年に1人の美少女」と日本でも話題になり、現在すでにグループを脱退しているジュー・ジンイー(鞠[女青]「示韋」)に2年続けて敗れ、前回の総選挙後には「次は必ず1位になりたい」と語っていたが、今年やっと念願を果たしたことになる。

2位にはSNH48チームNIIに所属し、2年連続で3位だったホアン・ティンティン(黄[女亭] [女亭])が入り、前回から順位を1つ上げた。3位には同じくチームNIIのフォン・シンドゥオ(馮薪[乃/木])が選ばれた。なお、今回はトップ3だけで約85万票を獲得している。

トップ10はSNH48メンバーが占め、最も早く誕生した中心グループとしてのプライドを見せている。SNH48のメンバー以外で最上位は、11位のGNZ48のシエ・レイレイ(謝蕾蕾)だった。トップ66の顔ぶれを見ると、SNH48から最多の36人、BEJ48から16人、GNZ48から11人、SHY48から3人が選ばれた。(翻訳・編集/Mathilda

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携