Record China

ヘッドライン:

マツタケの輸送に高速鉄道を利用、中国国内で注文後48時間以内に配送―EC大手・京東

配信日時:2018年7月27日(金) 1時10分
拡大
中国を代表するECサイト「京東商城(ジンドンしょうじょう)」を運営する大手EC・小売インフラ企業の京東集団は、高速鉄道と自社のコールドチェーンを組み合わせることで、雲南省産のマツタケを全国各地からの注文を受けてから48時間以内に配送する取り組みを開始した。

中国を代表するECサイト「京東商城(ジンドンしょうじょう)」を運営する大手EC・小売インフラ企業の京東集団は25日、高速鉄道と自社のコールドチェーンを組み合わせることで、雲南省産のマツタケを全国各地からの注文を受けてから48時間以内に配送する取り組みを開始したと発表した。

雲南省は温暖で降水量が多く、しかも植生が豊かであるなどで、中国屈指のキノコの産地として知られる。マツタケは現地ではもともと「特別に高級なキノコ」と考えられたわけではないが、現在は中国全国で「貴重な食材」との評価が高まっている。雲南産のマツタケが重視されるようになったのは、1980年代ごろから日本人が注目したことも関係しているという。

中国では高速鉄道網が整備され始めた早い時期から、物流への利用にも力が入れられた。京東集団はすでに、高級品や時間の制約がある商品に対して、効率的なサービス実現のため高速鉄道を利用してきた。

雲南省産のマツタケについては、まず同省昆明市で高速鉄道列車の特別エリアに積み込まれ、北京、上海、広州(広東省)、武漢(湖北省)、南京(江蘇省)、成都(四川省)のいずれかに運ばれる。その後、京東の物流網を利用して、発注後48時間以内に配送を完了させるという。

京東によると、中国の消費者は生鮮食品の宅配への関心を高めつつある。2017年には、中国全国におけるオンラインによる生鮮食品の購入額が前年比59%増の約1400億元(約2兆3000億円)に達した。京東は需要に対応するため、購入可能な生鮮食品の量を300%増量し、生鮮食品の宅配網を中国300以上の都市に広げた。また18年には、北京に同社初のコールドチェーンにおける高度自動ソーティングセンターを建設し、1日当たり1万8千件の注文を仕分けすることを可能にした。

さらに、京東は小売戦略の一環として、プラットフォームでの個人への販売という領域を超え、ビジネスパートナーや高級レストランなどにもマツタケを供給していく考えだ。(翻訳・編集/如月隼人

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国「2次元コードの父」、日本へのリスペクトを語る=「原点は日本」「次の世界的爆発の先駆者も日本企業」

北京意鋭新創科技(INSPIRY)は、創業者であり会長である王越氏の産業観や日本観を紹介する文章を発表した。王氏は起業の原点は日本だったと論じ、さらに、近い将来に発生する世界的な2次元コード導入の「爆発」についても「日本は先駆者になる」との予想を示した。

Record China
2018年7月25日 15時0分
続きを読む

ランキング