Record China

ヘッドライン:

日中の「一帯一路」協力プロジェクト、第1弾はタイの鉄道建設か―中国メディア

配信日時:2018年7月23日(月) 11時40分
拡大
21日、参考消息網は、日中両国の「一帯一路」協力プロジェクト第1弾がタイの高架鉄道になる可能性があると報じた。写真はスワンナプーム国際空港。

2018年7月21日、参考消息網は、日中両国の「一帯一路」協力プロジェクト第1弾がタイの高架鉄道になる可能性があると報じた。

記事は、日本メディアが「日本政府関係者が、日中両国が協力プロジェクト第1弾としてタイのBTS(スカイトレイン)プロジェクトを検討していると明かした」と報じたことを紹介。プロジェクトはバンコクの中心部パヤータイ駅からスワンナプーム国際空港、さらには郊外にあるほかの空港まで、約50キロの区間を結ぶものとされ、同空港から中部都市を結ぶ高速鉄道と接続するプロジェクトも検討中だとしている。

また、日本国内では「一帯一路」について、中国が港湾や鉄道などのインフラ建設を通じて自身の影響力を広めようとしているという強い懸念があるものの、北朝鮮情勢の変化などに伴い、安倍首相も「今は中国の構想に協力することが、日本にとって最もメリットが大きい」と対中関係改善の意向を示していることを伝えた。

そして、日本の外務省が今回の協力について「民間企業のビジネスを促すことが目的」と強調し、日本政府が米国との関係を鑑みつつ、民間レベルの経済教育にとどまることをアピールしたとの見方が出ているとした。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング