Record China

ヘッドライン:

農村で商売する中国人業者に「ノー」、政府が撤退要求―マラウイ

配信日時:2012年6月29日(金) 19時0分
拡大
28日、マラウイ政府はこのほど、同国の農村地域で商売を展開する中国人の小規模小売業者に対し、今月末までに都市部へ撤退するよう求めた。写真はマラウイの農村地域。
(1/8枚)

2012年6月26日、ケニアの地元メディアによると、アフリカのマラウイ政府はこのほど、同国の農村地域で商売を展開する中国人の小規模小売業者に対し、今月末までに都市部へ撤退するよう求めた。「地元業者の経営を圧迫している」ことが理由。マラウイ政府は外国人による小規模業者の経営地域を6都市内に限っており、「要求に従わない場合は営業許可を取り消す」としている。28日付で環球時報が伝えた。

その他の写真

マラウイ政府は今年4月、中国人業者に対し6月末までに農村地域から撤退するよう要求。首都リロングウェなどの都市部へ移動しない場合、営業免許を取り消すとしていた。マラウイでは今年初め、北部カロンガ県の小売業者が連名で地元政府に対し「中国人業者の大量進出、安価な商品の大量流入により経営が圧迫されている」と窮状を訴えていた。

これに対し、駐マラウイ中国大使館関係者は、マラウイ政府の規定を認めたうえで「今後連携を密にして事態の改善に努めたい」としている。同国には現在中国人業者数百人が進出しているとみられる。(翻訳・編集/AA)

関連記事

台湾外交部長、乗り継ぎ空港で足止め=外交断絶危機のマラウイへ入国できず―アフリカ

2008年1月7日、外交関係断絶の危機にあるアフリカのマラウイ共和国に急遽向かった台湾外交部の黄志芳(ホアン・ジーファン)部長(外務大臣)が、マラウイへ入国できず近隣国で足止めされていることが明らかになった。写真はマラウイ在住の中国人。

Record China
2008年1月7日 17時56分
続きを読む

ランキング