Record China

ヘッドライン:

日本のグルメ旅、東京以外ならこの8カ所がオススメ!―中国メディア

配信日時:2018年7月15日(日) 14時50分
拡大
7日、環球網は、日本のグルメ旅で東京以外のお薦めスポットについて紹介する記事を掲載した。資料写真。

2018年7月7日、環球網は、日本のグルメ旅で東京以外のお薦めスポットについて紹介する記事を掲載した。

記事は、「日本には地域ごとに特徴ある優れた美食があるが、それは小規模農業と、悠久の歴史および現地化したレストランと関係がある」と分析。「多くのレストランが家族経営で、こうした店では調理技術を自慢としており、顧客の満足度を何より重視している」と伝えた。

その上で、東京以外のグルメスポットとして8カ所を紹介。その一つが「別府と国東」だ。ここのお薦めは「温麺」で、「大小のサイズを選ぶことができる」と紹介し、「麺は硬めだが、そこにスープを加え、牛肉、半熟玉子、キムチ、ゴマがトッピングされる」と伝えた。

2カ所目は「広島」。「本州西南に位置する現代化したこの都市は、地元の美食の伝統を残しており、最も有名なのが広島風お好み焼きだ」と紹介。「店ごとに異なる特徴がある」と伝えた。3カ所目は「伊豆半島」。「天然水が有名で酒造りに使用することができ、ベアードビールもここの天然水を使用して作られている」と紹介した。

4カ所目は「川越」。「東京から車で30分の距離にあり、時間的制約のある人にお薦めで、川越の焼き鳥は最も美味だ」と紹介した。5カ所目は「高松」。「四国に位置する高松では、地元の人は3食うどんを食べるほどで、うどんは簡単に見えるが、確かに美味だ」と伝えた。6カ所目は「八重山、石垣、西表島」。「沖縄南部は独特な文化と美食で有名で、泡盛、海ぶどう、タコライスなどがある」と紹介した。

7カ所目は「木曽福島」。「その地形や気候ゆえに稲作が難しかったため、ここの食習慣は他の地域とは明白な違いができた」とし、「ここでは昔からそばが植えられてきた。ここでは最高の手打ちそばが食べられる」と紹介。馬肉も薦めた。8カ所目は「会津若松」。代表的な郷土料理として「こづゆ」があることを紹介し、「家庭によって特色が異なっている」と解説している。(翻訳・編集/山中)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング