初の“米国市場超え”も達成!上半期の映画興収は5300億円、観客数は9億人超―中国

配信日時:2018年7月4日(水) 21時20分
初の“米国市場超え”も達成!上半期の中国映画興収は5300億円
画像ID  1002294
2日、国家電影局が発表した今年上半期の映画興行収入は320億3100万元(約5322億円)に。映画館に足を運んだ観客数は9億人を突破し、新記録ずくめの半年間となった。
2018年7月2日、国家電影局が発表した今年上半期の映画興行収入は320億3100万元(約5322億円)に。映画館に足を運んだ観客数は9億人を突破し、新記録ずくめの半年間となった。新浪が伝えた。

その他の写真

今年1月1日~6月30日までの上半期の中国映画市場に関する公式データが発表された。映画興行収入は320億3100万元(約5322億円)で、前年同期比17.82%アップ。観客数は9億100万人で、こちらも同15.34%アップとなっている。

ここ数年、国産映画の活況ぶりが目立つ中国だが、その傾向は続いている。映画興行収入のうち、国産映画が占めたのは59.21%で、その額は189億6500万元(約3152億円)に。国産映画の興収ランキングでは、中東を舞台にした軍事アクション映画「紅海行動」が第1位。続いてコメディ映画「唐人街探案2」(僕はチャイナタウンの名探偵2)が2位、時代劇ファンタジーの「捉妖記2」(モンスター・ハント2)が3位となった。

さらに今年上半期の映画界は、“新記録”を伝える報道が相次いだ。最も大きなものは、初の「米国市場超え」を達成したことだ。第1四半期(1月1日〜3月31日)の映画興行収入が202億1700万元(約3360億円)に達し、世界最大の市場を抱える米国を初めて上回っている。また、旧正月期間の2月19日には、史上最速で興行収入100億元(約1662億円)超えを達成。3月31日には200億元(約3323億円)超え、6月16日には300億元(約4985億円)超えと、続けて最速記録を打ち立てている。(翻訳・編集/Mathilda
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事