人気が出すぎて販売休止も!韓国と正反対の日本のウイスキー市場に、ネットが感心

配信日時:2018年7月3日(火) 8時40分
韓国と正反対の日本のウイスキー市場に、ネットが感心
画像ID  1002127
1日、韓国・YTNは日本のウイスキー市場の現状について報じた。資料写真。
2018年7月1日、韓国・YTNは日本のウイスキー市場の現状について報じた。

記事によると、韓国のウイスキー市場はこの10年で約半分になった。一方、日本の状況は正反対で、ある有名ウイスキー製造会社が需要の拡大により、主力商品の出荷を休止する事態になっている。

サントリーはこのほど、ウイスキーの主力商品「白州12年」と「響17年」の出荷休止を決定した。今回の決定は原酒不足によるもの。日本では数年前から同ウイスキーを使ったカクテルが人気を博している上、海外からの需要が高まったことで販売量が急増したという。原酒の生産には少なくとも10年以上かかるとのこと。

同ウイスキーは、コンビニなどはすでに品薄状態になっている。さらにインターネット上では通常価格の約5倍で取り引きされている。生産再開時期は未定であり、市場では在庫確保のための競争が激化しているという。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「日本はどの分野でも職人精神で名品をつくるから、唯一無二の競争力が国を支えている」「これが日本の底力」「日本から学ぶべき点は多い。韓国も長期的に投資して、高品質の製品をつくらないと」「日本のウイスキーは品質が最高。値段は高いけどその価値がある」「日本のウイスキーの価値が上がっているのは本当だ。2カ月前にたまたまもらった日本のウイスキーの価格を見て驚いた」など、日本のものづくりに感心する声が上がっている。(翻訳・編集/堂本
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事