Record China

ヘッドライン:

中国海南省、2020年までに外国人労働者5万人の誘致を計画―中国メディア

配信日時:2018年6月27日(水) 19時10分
拡大
海南省人民政府弁公庁はこのほど、「今後3年間をかけて観光を国際化レベルにまで引き上げる。また2020年までに、外国人観光客数をのべ200万人まで増やし、外国人労働者を5万人誘致する」との方針を記した文書を発表した。

海南省人民政府弁公庁はこのほど、「今後3年間をかけて観光を国際化レベルにまで引き上げる。また2020年までに、外国人観光客数をのべ200万人まで増やし、外国人労働者を5万人誘致する」との方針を記した文書を発表した。新華社が伝えた。

今回発表された、「観光国際化レベルを引き上げるための海南省3年行動計画(2018-2020年)」と題する文書によると、今後、海南で働くことを希望する外国人の就職ルートをいっそう緩和し、販売・マネジメント・マッサージ師・サービス管理者などの職種に対する雇用ニーズをめぐり、学校運営やインバウンド労働力と組み合わせた方法によって、主にフィリピン、ラオス、カンボジア、ミャンマー、ネパール、ベトナムなどの国家・地域から、一定レベルの英語教育を受けた外国人労働者を受け入れ、就労ビザを発給するとしている。

計画によると、海南は、海南を訪れる外国人を対象とした「ビザ免除」と「アライバルビザ」サービスを完備し、ビザ免除の対象となる国家・地域をさらに拡大する方針。また、海口と三亜という2つの重点観光都市を拠り所として、外国人観光客集中エリアを打ち出し、出国タックス・リファンド手続を取り扱う商店の数を大幅に増加させる計画だ。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

人民英雄記念碑に献花した外国元首・首脳、意外にも日本が最多―中国紙

25日、中国紙・北京青年報の時事政治部のウィーチャット公式アカウント「政知道」は、北京市の天安門広場にある「人民英雄記念碑」に献花したことのある外国の元首・首脳の数を国別に見ると、意外なことに日本が最も多いと伝えている。写真は人民英雄記念碑。

Record China
2018年6月25日 16時50分
続きを読む

ランキング