マティス米国防長官、中国を非難「他国に朝貢国になるよう求めている」―米華字メディア

Record China    2018年6月17日(日) 11時0分

拡大

15日、マティス米国防長官は、米海軍大学の卒業式であいさつし「中国は他国に朝貢国になるよう求めている」などと発言した。資料写真。

2018年6月16日、米華字メディアの多維新聞は、マティス米国防長官が「中国は他国に朝貢国になるよう求めている」と発言したことを伝えた。

記事によると、マティス長官は15日、ロードアイランド州ニューポートにある海軍大学の卒業式であいさつし、「世界は再び、大国による競争の段階に突入している」と指摘した。

マティス長官は、中国、ロシア、北朝鮮および「暴力的過激主義組織」を、米国に対する3つの脅威のカテゴリーに分類した。

中国については「既存の国際秩序の書き換えが中国の宿願だ」と指摘。「明王朝が中国のスタイルだ」とし「他国に対し、中国の朝貢国になり、叩頭(こうとう)するよう求めている」「南シナ海を軍事化し、他国を借金漬けにする侵略的経済活動を続けている」などと非難した。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携