Record China

ヘッドライン:

二転三転の米朝首脳会談、北朝鮮は何を得たのか―米メディア

配信日時:2018年5月29日(火) 16時20分
拡大
28日、米華メディア・多維新聞は、曲折の末に予定通り開かれる見通しの米朝首脳会談について「北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、結局何を手に入れたのか」とする記事を掲載した。資料写真。

2018年5月28日、米華メディア・多維新聞は、曲折の末に予定通り開かれる見通しの米朝首脳会談について「北朝鮮金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、結局何を手に入れたのか」とする記事を掲載した。

記事は「トランプ米大統領の会談中止表明以降、二転三転した初の米朝首脳会談。結局予定通り、シンガポールで6月12日に開かれる見通しだ。では今回のドタバタを通して、金氏は何を手に入れたのだろうか」とする。

その上で、「まず米韓軍事演習が日を追うごとに慎重になったことだ。中止されたり、規模が縮小されたりはしていないが、武器の使用には敏感になり、表立って使わないようになった。米軍が一部の最新鋭戦闘機の投入を控えたことも、北朝鮮に対する配慮だろう」とした。

次に、「北朝鮮は非核化の過程で『リビア方式』の受け入れを拒否したこと」とし、「外部の圧力を受けて核兵器や弾道ミサイルなどの大量破壊兵器の一括放棄に応じるリビア方式に北朝鮮は態度を急に硬化させて反発。体制の保証を要求し、米国は受け入れざるを得なくなった」と伝えた。

そして最後に「中国のメンツを保ったこと」を挙げ、「北朝鮮の突然の態度硬化の背後には、中国からの圧力がある。米国に対して軍事演習への反発を見せることは、中国に対するパフォーマンスでもあった。最終的に北朝鮮ペースでやり取りは続き、中朝ともに利益を得る形となった」と伝えた。(翻訳・編集/大宮)

【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

関連記事

ランキング