日本人客がタクシーにスマホ忘れる、警官が「日本好き」の妹に相談し持ち主発見!―台湾

配信日時:2018年5月21日(月) 16時40分
日本人客が忘れたスマホ、警官が「日本好き」の妹に相談し持ち主発見
画像ID  993323
20日、台湾・聯合新聞網によると、台南市を訪れた日本人男性がタクシーにスマートフォンを忘れるという騒動があった。写真は台南。
2018年5月20日、台湾・聯合新聞網によると、台南市を訪れた日本人男性がタクシーにスマートフォンを忘れるという騒動があった。

記事によると、17日午後、タクシー運転手から台南市警六分局金華派出所にスマートフォンが届けられた。運転手は「さっき乗せた2人の日本人客が落としていったようだ」と話した。スマートフォンはロックされていて開かず、ケースには名刺とメモが挟まっていたが、日本語だったため理解できずに警察に届けたということだった。

スマートフォンを受け取った金華派出所の警官・林于翔(リン・ユーシアン)さんも日本語のメモが判読できなかったため、チャットアプリ・LINEで日本で仕事をする妹に連絡。メモには「金曜日17:35、経済(エコノミー)、2人、関西空港」などと書かれていることが分かり、名刺の内容と照らした結果、落とし主は日本企業のサラリーマンだと判断。林さんらは「スマートフォンにはきっと重要なデータが入っているだろう」と考え、しかもメモにある「金曜日17:35」が日本に戻る飛行機の時間だと推測し、「時間がない」と持ち主探しを急いだ。

林さんがメモに書かれた電話番号に連絡すると、ちょうど旅行会社につながったため、「金曜日17:35、経済、二人、関西空港」の特徴と合致する日本人乗客への連絡を依頼。すると、1時間もたたずに焦った様子の日本人2人が金華派出所に姿を見せた。林さんの読みどおり、男性らは18日に台湾を離れる予定で、スマートフォンには重要なデータが入っていたとのこと。林さんらの親切な対応に、男性らは何度もお礼を言ったという。

林さんによると、林さんの妹は就職活動がうまくいかずに挫折。以前、日本を旅行に訪れ、日本の生活環境と文化が気に入ったことを思い出し、日本での就職を念頭に2〜3カ月日本語の塾に通い、日本に渡った。その後は順調に日本企業に就職し、携帯電話の販売員をしているとのこと。日本人の客は購入する際の質問が多くて細かく、専門用語も多いことから初めは苦労したものの、毎日の積み重ねで日本語が上達した。大阪や奈良で6年間仕事をしているという。

台南市は日本人観光客が多く、派出所にはさまざまなトラブルも報告される。林さんの妹は時々、林さんの手伝いで翻訳をすることもあるといい、記事は「同じ方法で多くの日本人観光客の問題を解決している」と伝えている。(翻訳・編集/北田

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

最新ニュースはこちら

SNS話題記事