北朝鮮のドタキャンに、中国外交部「関係各国は朝鮮半島の緩和局面を大切にすべき」―中国メディア

配信日時:2018年5月17日(木) 14時50分
北朝鮮のドタキャンに、中国外交部「緩和局面を大切にすべき」
画像ID  992222
中国外交部の陸慷報道官は「関係各国はようやく得られた朝鮮半島の緩和局面を大切にし、互いに善意と誠意を示し、首脳会談のために良好な環境と雰囲気を創るべきだ」と述べた。
中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は16日の定例記者会見で、北朝鮮が米韓軍事演習及び米側の態度を理由に南北閣僚級会談を中止したうえ、米朝首脳会談について再考するとしたことについて、「関係各国はようやく得られた朝鮮半島の緩和局面を大切にし、互いに善意と誠意を示し、首脳会談のために良好な環境と雰囲気を創るべきだ」と述べた。

【記者】北朝鮮の外務次官は、米国が北朝鮮に核廃棄を一方的に強要するのなら、米朝首脳会談を開催するかどうか「再考」すると述べた。また、北朝鮮は最近の大規模な米韓合同軍事演習を非難し、16日に予定されていた南北閣僚級会談の中止を宣言した。これについてコメントは。

【陸報道官】現在朝鮮半島情勢に生じた対話・緩和局面はようやく得られたものであり、各国は大切にすべきだ。この局面は朝鮮半島関係各国の共通利益にかなうのみならず、国際社会が一致して期待するものでもある。

朝鮮半島問題の平和的・政治的解決プロセスが重要なチャンスを迎える中、すべての関係国、特に米朝双方は向き合って進み、互いに善意と誠意を示し、首脳会談のために良好な環境と雰囲気を創り、朝鮮半島の非核化と長期安定・平和の実現のために積極的に努力すべきだ。

中国側は朝鮮中央通信が16日朝に発表した公報及び国際社会のいくつかの反応にも注意を払っている。中国側は韓朝双方が板門店宣言の体現する対話・和解・協力の精神に従い、互いの理にかなった懸念への理解と尊重を十分に示し、向き合って進み、相互信頼を積み重ね、関係を改善することを支持し、希望する。

朝鮮半島情勢の緩和基調を継続させ、揺るぎないものにするため、すべての関係国は互いに善意を示し、刺激し合い緊張を招く行為を避け、朝鮮半島問題の対話と協議による政治的解決に資する環境と雰囲気を築くべきだ。(提供/人民網日本語版・編集/NA)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事