北朝鮮、核実験場廃棄の取材から日本メディアを排除=「やることが露骨だな」「日本は情勢の流れを読めていない」―韓国ネット

Record China    2018年5月14日(月) 12時40分

拡大

13日、北朝鮮は豊渓里核実験場の廃棄イベントに、米国、韓国、中国、英国、ロシアのメディアを招待したが、隣国の日本と国連安保理常任理事国であるフランスを除外しており、その背景と目的に関心が集まっている。資料写真。

2018年5月13日、北朝鮮は豊渓里(プンゲリ)核実験場の廃棄イベントに、米国、韓国、中国、英国、ロシアのメディアを招待したが、日本と国連安保理常任理事国であるフランスを除外し、その背景と目的に関心が集まっている。YTNなど複数の韓国メディアが伝えた。

北朝鮮は、豊渓里核実験場の廃棄イベントの日程(23〜25日)を公開。米韓中英露の5カ国のメディアだけを招待した理由については、核実験場が狭いことを挙げた。北朝鮮の朝鮮中央テレビは「核実験場が人影の少ない深い谷に位置する点を考慮して、国際記者団の構成員が特別専用列車で宿泊するようにし、該当する便宜を提供する」と伝えており、YTNは「対北朝鮮制裁による深刻な経済的圧迫の中で、大規模な招待は困ったことになる」と指摘する一方で、「しかし当初、北朝鮮が明らかにした米韓のほか、中国、ロシア、英国を追加する一方、フランスや日本が除外された点が目につく」と伝えている。

特に隣国であり、6カ国協議の当事国である日本を排除した背景に関心が集まっており、YTNは「日本人拉致問題で神経戦が続く中、最近の日米ミサイル防衛訓練などで連日、日本を批判してきた北朝鮮としては招待しづらいことも考えられる」とし、「まだ日朝間の公式対話が開始されていない点も考慮されたものと思われる」と分析している。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「北朝鮮はやることが露骨だな」「大胆な行動」「やってくれたって感じ」「韓国ではできそうにもないことをやった」など、北朝鮮の大胆な行動を指摘しつつも、好意的にとらえる意見が多く寄せられた。

また、「北朝鮮の核の証拠隠滅爆破ショーの後には請求書だけが残ることになる」と、核実験場の廃棄イベントに否定的な意見もみられた。その他に「日本は情勢の流れを読めてない」「日本の相手は北朝鮮に任せよう」などとするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携