タイを訪れた中国人観光客10人が、深夜に「大逃亡」した理由―中国メディア

配信日時:2018年5月15日(火) 6時50分
タイを訪れた中国人観光客10人が、深夜に「大逃亡」した理由
画像ID  991062
12日、北京青年報によると、タイ・パタヤで中国人観光客がガイドに物品の購入を強要されて逃亡するトラブルが発生し、中国人違法ガイドが現地警察に逮捕された。写真はパタヤ。
2018年5月12日、北京青年報によると、タイ・パタヤで中国人観光客がガイドに物品の購入を強要されて逃亡するトラブルが発生し、中国人違法ガイドが現地警察に逮捕された。

タイ国家観光局バンコク本部は12日、微博の公式アカウントで「5月3〜9日の間、10人の中国人観光客がパタヤを観光中に違法ガイドから恐喝され、物品購入を強要されたことに苦痛を感じて深夜にツアーから『大逃亡』した件について、警察当局が11日にガイドを逮捕した」と発表した。

同本部によると、違法ガイドが観光客を怒鳴りつけて買い物を強要する動画がネット上で300万回再生されて大きな注目を集めた。同本部は現地観光業のイメージを損ねたとして、タイ観光警察局と連係を取り、容疑者の捜索を実施。その結果、警察は11日夜、パタヤで21歳の中国籍の違法ガイドの男を逮捕したという。

男は調べに対し容疑を認め、「10人の観光客をパタヤのラテックスセンターに連れて行き、ラテックス枕を買わせてマージンを得ようとした。しかし、買う人が少なかったため、観光客を脅したところ、観光客らは集団でツアーを抜け出してバンコクに戻った」と説明しているという。

警察当局は、男を雇っていた現地旅行会社のタイ人責任者2人も逮捕した。(翻訳・編集/川尻

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

最新ニュースはこちら

SNS話題記事