尖閣周辺、中国船4隻が領海侵入=今年8回目―中国メディア

Record China    2018年4月23日(月) 13時50分

拡大

23日、中国海警局の船舶4隻が同日午前、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)周辺の日本領海に相次いで侵入した。資料写真。

2018年4月23日、中国海警局の船舶4隻が同日午前、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)周辺の日本領海に相次いで侵入した。中国当局の船舶が尖閣周辺で日本領海に入ったのは、今月3日以来で今年8回目。観察者網が伝えた。

中国国家海洋局の公式サイトによると、4隻は海警局の艦船「2306」、「2337」、「2102」、「31240」。日本の首相官邸危機管理センターは同日午前10時ごろ、4隻が領海に入ったことを確認した。海上保安庁によると、船舶のうち1隻は機関砲のようなものを搭載していたという。(翻訳・編集/大宮)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携