Record China

ヘッドライン:

渡辺直美が一泊315万円のドバイのホテル体験!中国ネットで大反響

配信日時:2018年4月6日(金) 21時50分
拡大
5日、日本のタレント・渡辺直美がアラブ首長国連邦・ドバイの超高級ホテルを体験する動画が、複数の微博アカウントで紹介され、注目を集めている。写真はドバイ(資料写真)。
(1/2枚)

2018年4月5日、日本のタレント・渡辺直美がアラブ首長国連邦(UAE)・ドバイの超高級ホテルを体験する動画が、環球網など複数の微博アカウントで紹介され、注目を集めている。

その他の写真

動画は、渡辺直美が日本のテレビ番組の企画でドバイの最高級5つ星ホテルであるアトランティス・ザ・パームを訪れる様子を映したもの。紹介されているのは、ドバイで最も高額な部屋だというロイヤルブリッジスイートだ。

微博では「日本のタレントである渡辺直美がこのほど、ドバイ最高級ラグジュアリーホテルを体験した。宿泊者専用エレベーターに、総面積1000平方メートルの客室、金メッキの蛇口、金箔入りの石鹸といった設えで、ここは英国皇室も泊まりにやって来る、本当にセレブなスイートルームだ」と説明している。1泊315万円という衝撃の値段である。

この世の贅(ぜい)を尽くしたようなロイヤルブリッジスイートの様子に、中国のネットユーザーも大きな反応を見せている。「お金持ちの快楽は、想像すらできない」「自分がこのホテルに泊まったら、SNSに書き込みまくる」「この部屋では、寝たらお金の無駄遣いだと感じて眠れないと思う」「19万元か。19人一緒でなら泊まれるかな」「一流スターでもこんなに高額の部屋には泊まらない」といったコメントが寄せられた。

また「人の世の不公平さが嘆かわしい」「どんなに部屋が広くても、寝るのに必要なのはたった2メートル、食事できるのも1日に3回であることに変わりはない」といった感想を残すユーザーもいた。さらに、食べたい物を何でも用意してくれるというサービスに対する反応も大きく、「ウソだろう。臭豆腐も持ってきてくれるか?」「鼎泰豊の小籠包を食べたくなったら、届けてくれるのか?」などの疑問も出ている。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング