【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

48年ぶり一般公開の「太陽の塔」、中国人が見た感想は?

配信日時:2018年3月22日(木) 17時50分
48年ぶり一般公開の「太陽の塔」、中国人が見た感想は?
画像ID  974506
20日、中国版ツイッター・微博で日本の情報を紹介しているアカウントが、1970年の大阪万博に合わせて作られた、故・岡本太郎氏設計の「太陽の塔」内部が48年ぶりに一般公開されたことを伝えた。
2018年3月20日、中国版ツイッター・微博で日本の情報を紹介しているアカウントが、1970年の大阪万博に合わせて作られた、故・岡本太郎氏設計の「太陽の塔」内部が48年ぶりに一般公開されたことを伝えた。

同アカウントは「大阪府吹田市の万博公園内にある『太陽の塔』は1970年の大阪万国博覧会のシンボルであり、万博閉幕とともに内部の一般公開も終了した。一昨年より大阪府が塔の内部の修復工事を開始し、耐震化工事のほか、高さ41メートルの『生命の樹』とその周囲にある原始生物から人類に至るまでの生物模型にも修復が施された。長年補修が行われなかったため、工事開始前には模型は約70体しか残っていなかったが、現在はすでに183体にまで復元された」と伝え、外観と内部の写真を複数枚掲載している。

中国のネットユーザーからは「秋葉原でこのフィギュアをたくさん見かけた」「この塔に中身があったとは」「『クレヨンしんちゃん』でこの塔を見たことがある」「外観からは中身が想像できない」「外見は奇抜で中は不気味」といった感想が寄せられている。

また、さまざまな日本の映像作品が想起されるようで、「エヴァンゲリオンの使徒だ」「20世紀少年だ」といった声が多く寄せられたほか、「東京喰種トーキョーグールのアオギリの樹だ」「曲がったフォルムと怪しげな光や色彩は、まるで魔法少女まどか・マギカみたい」といったコメントも。

さらに「行ってみたい」「好奇心が自分を駆り立てる。チャンスがあれば見に行きたい」など、不気味さを覚えながらも実際に見てみたいとするユーザーが多かった。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事