「日本の夢の旅絵画コンテスト」最優秀者が日本訪問へ―中国

配信日時:2018年2月6日(火) 20時30分
画像ID 
在中国日本大使館の石月英雄公使は3日午後、日本政府観光局(JNTO)が開催する「日本夢の旅 クリエイティブ絵画コンテスト」の授賞式で、「私もドラえもんが好きで、6歳から大ファン。こんなにもたくさんの中国人からも注目されるようになるとは、思ってもいなかった」と、日中アニメ交流が活発に行われていることへの喜びを語った。環球網が伝えた。

同コンテストは昨年9月から11月に、中国の小学1年から中学3年までの学生を対象に実施され、絵画を通して学生に想像力を働かせてもらうだけではなく、日中国交正常化45周年、日中平和友好条約締結40周年を祝うのが目的となっている。同コンテストには計1200点以上の応募があり、想像力と絵画の腕前を発揮して描かれた作品10点に最優秀賞が贈られた。

JNTO北京事務所の服部真樹所長は、「2017年、日本を訪問した中国人観光客は延べ735万人と、過去最高を記録した。漫画をテーマにした今回のコンテストにより、学生らが両国の人々の相互訪問を増やす友好使者になってくれることを願っている」と、今後の日中友好交流に対する期待を語った。また、同コンテストの受賞者は保護者と共に4〜8日に日本を訪問し、田舎の生活を体験したり、日本の小学校の授業に参加して日本の学生と交流したりする計画だ。

最優秀漫画作品を紹介するコーナーでは、学生らが想像力を働かせて描いたドラえもんがタイムマシンで中国に行ったり、描いた本人と日本に行ったりしている絵が紹介された。それらの作品は両国の文化交流がテーマとなっており、学生らの日中友好交流に対する思いがしっかりと表現されている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<