中国報道官との笑顔ツーショット写真に「朝貢」と批判、河野外相の返しが話題―中国メディア

Record China    2018年2月3日(土) 17時20分

拡大

2日、海外網によると、中国外務省の華春瑩(ホア・チュンイン)副報道局長とのツーショット写真をツイッターに投稿したことが「中国への『朝貢』だ」と批判を受けたことに対し、河野太郎外相は「疲れそう」と反論した。

2018年2月2日、海外網によると、中国外務省の華春瑩(ホア・チュンイン)副報道局長とのツーショット写真をツイッターに投稿したことが「中国への『朝貢』だ」と批判を受けたことに対し、河野太郎外相は「疲れそう」と反論した。

河野氏はツイッターに、華氏と一緒の写真を「有名な中国の女性と一緒に!(※原文は英語)」との注釈を付けて投稿した。これに対し、民進党の小西洋之参院議員が「河野大臣は馬鹿ではないのか。相手は中国政府の報道官にすぎない。外交交渉の相手ですらない格下の人物だ。その人物とニヤケ顔でツーショットを撮るのは外交ではなく中国への『朝貢』だ。そんなことも分からないのか」と批判。

一方、河野氏は批判に対し、ツイッターで「写真を撮る時にも相手の『格』を考えて撮っている人もいるんだ。疲れそう」と反論。読んだ人から1万3000以上の「いいね」がついた。

一方、小西氏はかつて、コアラや魚を抱いた写真をネットに掲載したことがあり、ネット上では「『格』を考える議員もこの通り」と皮肉られている。(翻訳・編集/大宮)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携