「死ぬ姿を見られない」15年育てた犬を生きたままごみ箱に捨てた韓国人親子に非難の嵐

配信日時:2018年2月7日(水) 0時30分
「死ぬ姿を見られない」愛犬を生きたままごみ箱に捨てた韓国人親子
画像ID  955191
5日、韓国メディアはこのほど、15年間育てた飼い犬を生きたままごみ袋に入れて捨てた親子が警察に逮捕されたと報じた。親子の“あきれた言い訳”がネットで非難の的となっている。資料写真。
2018年2月5日、韓国・聯合ニュースはこのほど、15年間育てた飼い犬を生きたままごみ袋に入れて捨てた親子が警察に逮捕されたと報じた。親子の“あきれた言い訳”がネットで非難の的となっている。

韓国中部の忠清南道(チュンチョンナムド)天安(チョナン)東南警察署は2日、動物保護法違反の疑いで70代の男と30代の娘を書類送検した。親子は先月29日零時ごろ、市内のごみ集荷場に生きているアメリカン・コッカー・スパニエルをごみ袋に入れて捨てた疑いが持たれている。

その後の調査で、親子はこの犬を15年以上育ててきたことが明らかになった。警察の取り調べに対し「最近犬の具合が悪く、意識がほとんどなかった。どうしても死ぬ姿は見られないと思い、生きているのを承知の上で捨てた」と供述したという。生活苦から、動物病院にも連れていけなかったとされる。

事件は通行人の通報により発覚した。親子が犬を捨ててから30分後、ごみ袋から犬の声がするのを不審に思ったそうだ。犬はその後、同市の動物保護センターによって救助されたが、数時間経たずして息を引き取ったという。

警察関係者は「犬に虐待の跡はなかった」としながらも、「親子が犬が生きているのを承知の上で捨てていることから、検察に送検する方針」と話している。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「何その言い訳。開いた口がふさがらない」「15年飼ったら家族も同然。ひどすぎる」「治療費がないのなら、せめて最期が寂しくないように寄り添うべき」「お前らに犬を飼う資格はない」など非難の嵐が巻き起こっている。

その他にも「人間は幽霊よりも残忍で恐ろしい」と人間のおぞましさに言及する声や、「ご主人様に捨てられたことを理解して、早めにさんずの川を渡ったのかもね」と犬の死を悼む声も上がった。(翻訳・編集/松村)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

最新ニュースはこちら

SNS話題記事