空港の通関手続きで韓国人が「荷物の中に爆弾がある」、身柄を拘束―台湾

配信日時:2011年12月2日(金) 13時31分
空港の通関手続きで韓国人が「荷物の中に爆弾がある」、身柄を拘束―台湾
画像ID  303740
1日、韓国人男性が台湾桃園国際空港で通関手続きをする際に「荷物の中に爆弾がある」と言ったとして、航空警察局に身柄を拘束された。写真は同空港。
2011年12月1日、台湾の中央通訊社によると、韓国人男性が台湾桃園国際空港で通関手続きをする際に「荷物の中に爆弾がある」と言ったとして、航空警察局に身柄を拘束された。中国新聞社が伝えた。

その他の写真

この男性は34歳の中国系韓国人。ツアーコンダクターとして友人に付き添っていた。当時、桃園国際空港では荷物検査に時間がかかっており通関手続きが遅れ、旅客の間に不満が高まっていたという。そうした中、職員が男性に「荷物の中には何が入っていますか」と尋ねたところ、男性が「爆弾がある」と言ったとして通報され、航空警察局に身柄を引き渡された。

ところが、男性の荷物を調べたところ、中にはお菓子などがあるだけで、爆発物はなかった。航空会社の社員はたしかに男性が「荷物に爆弾がある」と言ったように聞こえたとしているが、男性のほうは「荷物に爆弾はない」と言ったのに、自分の発音が悪かったのか突然捕まってしまったと航空警察局で話したという。最終的に、男性は民間航空法違反で送検された。

航空警察局は、チェックイン・搭乗の際などには飛行機や旅客の安全を脅かすものと誤解を招くような言動は法に触れる可能性があるので慎むようにと、旅客に対し注意を促している。(翻訳・編集/岡田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事